よく読まれている記事

Moto X Playのスペック比較レビュー!人と差をつけるなら



Moto X Playスペック比較レビュー

Moto X Playが購入できる格安SIMとその料金

モトローラ製のスマートフォン「Moto X Play」を取り扱っている格安SIMは、現時点ではBIGLOBE SIMのみとなっています。

一括払い 分割払い
BIGLOBE SIM 不可 1,840円×24回 黒・白

※価格は変動する場合があります。また、各社の取り扱い機種によってスペックが異なる場合があります。

端末の総額は44,160円ということになります。

Moto X PlayとiPhone6S Plusとの比較

日本で一番利用されている機種と言えばiPhoneなので、その上位機種であるiPhone6S Plusのスペックと比較してみます。

Moto X Play iPhone6S Plus
液晶サイズ 約5.5インチ 5.5インチ
液晶解像度 1,920×1,080 1,920×1,080
本体サイズ 約148 ×約75 ×約8.9~10.9mm 158.2×77.9×7.3 mm
重量 約169g 192g
CPU クアルコムSnapdragon 615 1.7GHz(オクタコア) 64bit A9チップ
記憶容量 16GB 16GB/64GB/128GB
メモリ 2GB 2GB(非公開)
背面カメラ 約2100万画素 1200万画素
インカメラ 約500万画素 500万画素
OS Android6.0 iOS
バッテリー 3630mAh 2,750mAh
外部記憶スロット microSD 無し
SIM形状 nanoSIMカードスロット×2 nanoSIM
防水・防塵 × ×
wifi IEEE 802.11a/b/g/n IEEE802.11 a/b/g/n/ac
おサイフケータイ × ×
テザリング
その他 Bluetooth 4.0LE / NFC Bluetooth 4.2 / NFC

数字で見た限りはiPhone6S Plusより高性能な感じがします。

CPUはオクタコアで、ハイクオリティなゲームアプリでもサクサク動くでしょう。

カメラも最近のスマートフォンでは頭一つ抜けた2100万画素ですから、カメラをよく利用する人はうれしいですね。

さらに大容量バッテリーの割には重量が約169gと意外に軽い印象です。

ただ、サイズ的に厚みがあるのでその辺が好みが分かれそうなところです。

最新Android6.0搭載もうれしいですが、指紋認証に対応していないのは残念。

最新Android6.0搭載と急速充電の大容量バッテリーが最高

最新Android6.0 Marshmallowを搭載しているスマートフォンはまだ少ないので、最新版にこだわる人はうれしいところ。

さらには、15分で8時間使用可能な大容量急速充電バッテリーもスマートフォンを毎日いじり倒す人にはありがたいですね。

あとはSIMカードスロットが2つあるので、海外に行く時やデータSIMをもう一つ使うなどいろいろな使い方がデキそうです。

見た目に関して言えば、背面が凹凸のあるデザインになっているので、滑りにくいかもしれませんが、ホワイトだと汚れが目立ってしまうかもしれませんね。

Moto X Playを動画でチェックしよう

英語の動画しかありませんでしたが、イメージはわかると思います。


【Moto X Playを取り扱っている格安SIM】

BIGLOBE SIM

 

>>他の機種から格安SIMを選ぶ人はこちら



このページの先頭へ