よく読まれている記事

W01(Huawei)とWX01(NEC)比較、WiMAX端末どっちか迷ったら用途で選べ



W01とWX01の違い

WiMAX2+対応の端末W01(Huawei)とWX01(NEC)どっちも手に入れた

私の実家では固定回線を引かずにここ3年くらいWiMAXで運用していました。

WiMAX2+のサービス開始で、WiMAXからWiMAX2+に無料で乗り換えられるキャンペーンがあったので申し込み、実家のほうはWiMAX2+対応端末をw01(Huawei)にしました。

そしてそのあと、自分でもWiMAX2+使いたいなぁという事で、申し込みから2年間ギガ放題が安いPEPABO WiMAXで申し込みをしました。

自分で使う端末はWX01(NEC)にしました。

私の場合は都市部で使うことがほとんどなので、どっちでもよかったのですが、申し込みの際には端末が2つあるとやはり悩みますよね。

結論から言えば、用途によって選ぶのがいいと思います。

W01とWX01

写真上がW01で下がWX01

速度で選ぶならW01でもWX01でもどっちでもいい

WiMAX2+対応の端末として最新機種のW01(Huawei)WX01(NEC)があるんですが、申し込み時にどっちがいいんだろうと悩みました。

どちらもWiMAX2+対応で速度が最大220Mbpsなんですが、受信の方式が違うとのこと。

W01はCA(キャリアアグリゲーション)という技術で、複数の周波数の電波をまとめてキャッチするというイメージです(あくまでイメージ)。

WX01の方は4×4MIMOという方式で、簡単に言うとアンテナを受信側と送信側で倍にした事で、データ受信量を倍速化させるというものです。

そういわれてもちんぷんかんぷんですが、W01のCAのほうはまだ対応地域が少なく、順次拡大ということで、WX01の方がよさそうな気もしますが、どちらも使った限りではスマホやPCなどで十分な速度を得られますので、よほどこだわりが無い限りどっちでもいいというのが私の結論です。

都市部で使うならWX01が今のところやや優勢

実はW01とWX01の決定的な違いは、従来のWiMAXに対応しているかどうかと、au 4G LTEオプションに対応しているかどうかの違いです。

W01 WX01
メーカー ファーウェイ・ジャパン NECプラットフォームズ
WiMAX 2+ 下り220Mbps(CA方式) 下り220Mbps(4×4MIMO)
WiMAX ×
au 4G LTE ×

都市部のほとんどでWiMAXとWiMAX2+は使えますが、地下鉄ではまだWiMAX2+は対応していないところが結構あります。

それでもau 4G LTEは地下鉄も対応しているので、差はないように思えますが、au 4G LTEは別途オプション料金が必要なので、そういう意味では今のところWX01のほうがやや優勢と言えるかもしれません。

いずれ地下鉄もWiMAX2+に対応すると思うので、のちのちは差は無くなると思います。

辺境の地で使うならW01がau 4G LTEサービス対応で優勢

一方WX01はau 4G LTEに対応していません。

au 4G LTEは文字通りauのアンテナ網なので、少しくらいの辺境の地であれば使えます。

WiMAXのエリアはauのアンテナ網と比べると、地方のほうではかなり劣勢になります。

以上の事から、地方や田舎などでも使いたいという人は、au 4G LTEに対応しているW01のほうがいいのではないでしょうか。

操作性で選ぶならW01がわかりやすい

W01のタッチパネル液晶

写真でもわかる通り、W01はタッチパネル式液晶付きなので、操作性は抜群にいいです。

大きなアイコンでわかりやすく、説明書をみなくても操作できます。

WX01の液晶画面

一方WX01の方はなんだか懐かしい操作感。

デジタル時計を彷彿とさせる操作性は少し使いにくいと言わざるをえません。

ということで、操作性だけで選ぶならW01が優勢と言えます。

しかしながら、操作する項目は少なく、ほとんどは電源のON/OFFくらいしか使わないと思うので、どっちでもいいかと思います。

最終的には見た目で選んでもいいんじゃないかな

ということで、今のところは使う場所で選ぶというのがいいのかもしれません。

W01 WX01
メーカー ファーウェイ・ジャパン NECプラットフォームズ
WiMAX 2+ 下り220Mbps(CA方式) 下り220Mbps(4×4MIMO)
WiMAX ×
au 4G LTE ×
無線LAN(LAN側) 802.11ac 802.11ac
サイズ 約120×59×10mm 約109×66×9mm
重量 約113g 約97g
バッテリー容量 2300mAh 2500mAh(交換可能)
連続通信時間 約8時間(WiMAX 2+、CA非適用時)、約7時間20分(4G LTE) 約6.5時間(WiMAX 2+、4×4MIMO)、約8.5時間(2×2MIMO)、約11時間(WiMAX)
Bluetoothテザリング ×

スペック的には大きな差はありません。

とくに大きなこだわりが無いのなら、もう見た目で選んでも使い勝手は変わらないというのが実際のところです。

ちなみに私はNECというネームバリューだけで選びましたし、実家のW01はタッチパネルで簡単そうということで選びました。

ギガ放題が2年間ずーっと3,609円のPEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)

現在はw02、wx02という新しい機種が出ています。詳しくは以下もご覧ください。

WiMAXの最安値ランキング



このページの先頭へ