格安SIMの5GBプランの比較

格安SIMの5GBプラン

格安SIMのプランは月々のデータ通信容量によって、月額料金が決まってきます。

そのデータ通信量がプランの名称にもなっていることがほとんどです。

格安SIMの5GBプランで月々使用できるデータ量の目安

1ヶ月あたり 1日あたり
WEBサイト閲覧 約20,000ページ 約660ページ
YOUTUBE閲覧 約23時間(HD:約5.5時間) 約7.5時間(HD:約12分)
メール受信数 約100万通 約33,000通
LINE無料通話 約150時間 約5時間
楽曲ダウンロード 約1,000曲 約34曲
ゲームアプリDL 約70本 約2.5本

※WEBサイトは1ページあたり300KBとした場合(写真数点に文字1000文字程度)
※YOUTUBEは320p(HQ画質)の場合、()内はHD画質(高画質)
※メールは1通300文字とした場合
※楽曲ダウンロードは1曲5MBとした場合
※ゲームアプリは1本70MBとした場合(参考値:パズドラは約110MB、モンストは約65MB)

格安SIMの5GBプランでもやっていける人

docomo、au、softbankで現在契約するとスタンダードなプランのデータ通信量は、月5GBとなっています。

今までdocomo、au、softbankを利用していてデータ容量に問題が無かったのであれば、5GBプランは最適です。

ただ、それより少ないデータ容量だったかもしれないので、最初5GBプランにしておいて、あとで3GBプランにしてみて大丈夫か確かめると、より節約できると思います。

今までdocomo、au、softbankを利用していた人は、格安SIMのプランの料金を見ると驚きますよ。

格安SIMの5GBでやっていける人の条件は

  • これまでdocomo、au、softbankの利用でデータ制限を受けなかった
  • 動画やSNS、ニュースアプリなどを毎日1~2時間利用する
  • 自宅に無線LAN(wifi)環境があるほうが、より安心

というような感じで、5GBプランで足りない人はあまりいないと思います。

5GBプランで比較するオススメ格安SIM

楽天モバイル

5GBプランを選ぶ人はスマートフォンをよく使う人だと思います。楽天モバイルは通信速度の安定性が口コミでも高評価を得ているので、スマートフォンをサクサク使うにはおすすめです。楽天ポイントも貯まるので、楽天ユーザーならお得に使えます。

名称 楽天モバイル
5GB月額利用料(データ通信のみ) 1,450円(SMSあり 1,570円)
5GB月額利用料(通話付き) 2,150円
スマホ端末販売
タブレット端末販売
wifiルーター販売
回線 docomo(LTE)
通信速度【口コミ】 ★★★★☆
チェックポイント! 楽天ポイントが貯まる
5分かけ放題オプションあり
イチオシ機種割引キャンペーン
3000円分ポイントプレゼントキャンペーン
初月利用料無料

NifMo(ニフモ)

ニフティが運営するNifMo(ニフモ)は格安SIMで唯一、定額国内通話かけ放題のオプションがあります。また、独自のバリュープログラムという制度があり、専用アプリでショッピングや旅行、アプリのダウンロードでポイントが貯まり、月額利用料金からポイント分割り引かれるという非常にお得なサービスがあります。通信品質も良好で、料金・品質ともに優れた格安SIMと言えます。6月30日までの3ヶ月間月額利用料450円/月割引がお得!

名称 NifMo(ニフモ)
5GB月額利用料(データ通信のみ) 1,600円
5GB月額利用料(通話付き) 2,300円
スマホ端末販売
タブレット端末販売 ×
wifiルーター販売 ×
回線 docomo(LTE)
通信速度【口コミ】 ★★★★☆
備考 かけ放題定額オプションあり
初月利用料無料
ポイントが貯まる

DMMモバイル

DMMmobile

DMMモバイルは格安SIM業界でもかなり値段が安いほうなので、5GBプランの通話付きでも月額2,000円を切るというのは魅力的です。価格にこだわるならDMMモバイルが最適かもしれません。

名称 DMMmobile
5GB月額利用料(データ通信のみ) 1,210円
5GB月額利用料(通話付き) 1,910円
スマホ端末販売
タブレット端末販売
wifiルーター販売
回線 docomo(LTE)
通信速度【口コミ】 ★★★☆☆
備考 DMMポイントが貯まる
業界最安値水準
大容量プランあり
プランが細かく選べる

mineo(マイネオ)

mineoはdocomoとauの両方の回線から選べる格安SIMです。5GBプランを選ぶ人も多いですが、データ容量があまったら繰越しできるのはもちろん、家族や友達に余った分を送ることができるのがmineoの特徴としてあります。auの人でもSIMロック解除なしで乗換えられるのは嬉しいところ。

名称 mineo(マイネオ)
5GB月額利用料(データ通信のみ) 1,580円(a、dプラン共)
5GB月額利用料(通話付き) 2,190円(aプラン)、2,280円(dプラン)
スマホ端末販売
タブレット端末販売 ×
wifiルーター販売
回線 docomo(LTE)、au(LTE)
通信速度【口コミ】 ★★★☆☆
備考 au回線、docomo回線の2つから選べる

G-Phone

G-Phoneは5GBのプランではなく、4GBのプランになります。プランはその一つですが、これはターゲットを初心者と子供を持つ人に絞っているからシンプルにしているようです。特徴は他社ではオプションになっていることが多い「セキュリティ」や「wifiスポット」「フィルタリング機能」が含まれていることです。特にフィルタリング機能は子供に必須な強力な機能で子供に持たせる格安SIMでは最強レベルです。

名称 G-Phone
4GB月額利用料(通話付き) 2,280円(セキュリティ、フィルタリング、wifiスポット接続などが含まれる)
スマホ端末販売 ×
タブレット端末販売 ×
wifiルーター販売 ×
回線 docomo
通信速度【口コミ】 ★★★☆☆
備考 セキュリティアプリ利用込み
wifiスポット接続込み(ベーシックプラン)
フィルタリング機能込(キッズプラン)

U-mobile(USEN)

U-mobile

U-mobileの5GBプランの月額利用料は意外にも他社と比べても安いです。しかし、通信速度の品質が口コミでもあまり良くないので、その辺が選択肢の分かれ目かもしれません。無制限プランで多少遅いのは目をつぶれますが、5GBプランで遅くなるのが許せる人はいいと思います。

名称 U-mobile
5GB月額利用料(データ通信のみ) 1,480円
5GB月額利用料(通話付き) 1,980円
スマホ端末販売
タブレット端末販売 ×
wifiルーター販売 ×(モバイルwifiは別途のプランになる)
回線 docomo(LTE)
通信速度【口コミ】 ★★★☆☆
備考 無制限プランの影響か、混雑時間の通信速度は遅いと評判
無制限プランでLTEが安い
USENの音楽配信セットプランもあり

DTI SIM

DTI SIMプラン

新規参入したばかりのDTI SIMですが、5GBでは今のところ最安値になっています。回線もまだ混雑していないので(契約数がまだ少ないため)、比較的安定した品質のようです。ただ、今後契約数が増えたときにどうなるかはわかりません。安さで選ぶならいいと思います。

名称 DTI SIM
5GB月額利用料(データ通信のみ) 1,220円(SMS機能付き 1,370円)
5GB月額利用料(通話付き) 1,920円
スマホ端末販売 ×
タブレット端末販売 ×
wifiルーター販売 ×
回線 docomo(LTE)
通信速度【口コミ】 ★★★★☆
備考 新規参入組で、まだ回線が混雑していない
格安SIMで業界最安値プランも多い

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

IIJmioの5GBプランは料金も格安SIMの中では平均的なものとなっております。通信速度の品質も良好で問題ありません。100万回線突破したということもあり堅実なのですが、これといって突出したものもないです。

名称 IIJmio(みおふぉん)
5GB月額利用料(データ通信のみ) 1,520円
5GB月額利用料(通話付き) 2,220円
スマホ端末販売
タブレット端末販売 なし
wifiルーター販売
回線 docomo(LTE)
通信速度【口コミ】 ★★★☆☆
備考 店舗でも購入可能
10人でシャアできる(10GBプランのみ)
100万回線利用されている

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの5GBプランは実質的に2種類あります。月に5GB利用できるプランと、1日に170MB利用できるプランです。1日170MBプランは、30日間で5.1GBになりますが、1日の上限が170MBと決められてしまうので、毎日平均して同じルーティーンで利用する場合は得かもしれません。1日の利用を制限したい(子供とか)場合もいいかもしれません。

名称 OCNモバイルONE
5GB月額利用料(データ通信のみ) 1,380円(1日110MBプラン)、1,450円(月3GBプラン)
5GB月額利用料(通話付き) 2,080円(1日110MBプラン)、2,150円(月3GBプラン)
スマホ端末販売 なし
タブレット端末販売 なし
wifiルーター販売 なし
回線 docomo(LTE)
通信速度【口コミ】 ★★★☆☆
備考 スマートフォン端末は自分で用意しなければならない



このページの先頭へ