格安SIMをデータ通信量プランから比較して選ぶ

detaerabi

格安スマホや格安SIMを選ぶ上で重要な要素となってくるのが「データ通信量」です。

データ通信量というのは、スマートフォンから写真や文字、動画などのデータ情報をインターネットを経由して受信や送信をするデータ量のことです。

その量が「GB(ギガバイト)」という単位で表され、テレビCMなどでも「ずっと5GB」のように言われたりしているアレです。

実際に格安SIMの各業者は「1GBプラン」「3GBプラン」のように月々で利用できるデータ通信量ごとに料金設定があります。

例えば月1GBプランだとするとデータを受信できる目安は

1ヶ月あたり 1日当たり
WEBサイト閲覧 約4000ページ 約133ページ
LINE無料通話 約1800分 約60分
YOUTUBE視聴()はHD画質 約280分(約65分) 約93分(約2分)
音楽ダウンロード 約200曲 約7曲

となります。(これはひとつのことだけを行った場合なので、実際にはこれらが複合的に使用されるので体感はもっと少なくなります)

データ通信量のプランで選ぶポイント

格安SIMに乗り換える場合のプラン選びのポイントは、自分が月にどれくらい(スマホで)インターネット通信をしているかどうかが重要になります。

メールやLINEがメインでWEBサイトをちょっと見る程度なら、1GBプランでも大丈夫でしょう。逆に5GBプランに契約してしまうと余剰が出て料金がもったいないということになります。

しかし、SNSを頻繁に閲覧する、YOUTUBE動画もしょっちゅう視聴する、ゲームもバリバリやるということであれば、1GBではまったく足りないということになります。

1GBプランを契約して、データ通信量が1GBを越えてしまうと使えなくなるわけではありません。

ただ、速度が著しく制限されるので、動画やWEBサイトの閲覧などはスムーズに見れなくなってしまいます。

たいていの格安SIMの場合、プランは自由に変更できるので、1ヶ月使ってみて、月のデータ通信量によって最適な通信プランに変更するのがいいと思います。

【ポイント】

  • 月にどれくらいデータ通信を利用するか把握しておく
  • あとでプランは変更できるので最初はギリギリのラインで契約する
  • 家で無線wifiにつなぐ場合は、外出時のデータ利用量のみ考える

関連記事>>docomo、au、softbankの月々のデータ通信量の確認方法

データ通信量プランから比較して格安SIMを選ぶ

500MB / 1GB / 2GB / 3GB / 5GB / 7GB / 8GB / 10GB / 15GB / 20GB / 無制限

500MB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・1日数回のメール&LINEチェック
・1日数回のSNSチェック
・動画は観ない(または自宅wifiで観るのみ)

 

【こんな人に向いている】

500MB/月プランはスマートフォンを一応持つが、ほとんど使用しないという人向けとなります。アプリをたくさん入れる人はアプリのバックグラウンドの通信だけで何もしていないのに500MBくらいは使ってしまうこともあります。例えば携帯を使いこなせない親や、使用を制限したい子供に持たせるという使い方もあります。

 

【500MBプランのある格安SIM業者】

0SIM(ソネット) / mineo(マイネオ) / OCNモバイルONE / U-mobile(ダブルフィックスプラン)

500MBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

1GB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・1日数回のメール&LINEチェック
・1日数回のSNSチェック
・動画は観ない(または自宅wifiで観るのみ)

 

【こんな人に向いている】

1GB/月プランもスマートフォンの機能を存分に使うような使い方では、すぐに使い切ってしまう量です。アプリもあまり利用しない、動画も観ない、ゲームもしない、頻繁にスマートフォンを触らない人向けです。ガラケーと同じような使い方をしたい人に向いています。

 

【1GBプランのある格安SIM業者】

DMMモバイル /  mineo(マイネオ) / DTI SIM / U-mobile(データのみ) / UQモバイル(ぴったりプラン)

1GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

2GB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・メール&SNSチェック
・1日数分のWEBサイト閲覧
・動画はほとんど観ない

 

【こんな人に向いている】

2GB/月プランを設定している格安SIM業者こそ少ないですが、2GBプランに向いている人は多そうな印象。ゲームや動画は観ないけど、それなりにSNSのチェックやWEBサイトの閲覧などをする人は、2GBプランで十分かも。ただし、アプリなどのダウンロードなどは自宅などで無線wifiがあるほうがいいでしょう。

 

【2GBプランのある格安SIM業者】

DMMモバイル

2GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

3GB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・メール&SNSチェック
・WEBサイトやニュースアプリを通勤や通学時に閲覧
・動画は月に30分程度

 

【こんな人に向いている】

3GBプランは格安SIM各社も採用しているところが多い、つまりよく利用されるプランとなります。3GBということは1日100MBのデータ通信が可能ということですから、少なすぎず多すぎずで一般的な使い方をする人は最も適しているプランだと言えます。ただ、アプリのダウンロードなどは無線wifiを使わないと厳しいこともありそうです。

 

【3GBプランのある格安SIM業者】

楽天モバイル(3.1GB) / DMMモバイル / IIJmio(みおふぉん) / OCNモバイルONE / mineo(マイネオ) / DTI SIM / U-mobile(通話付きのみ) / NifMo(ニフモ) / UQモバイル / BIGLOBE SIM / G-Phone(4GB)

3GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

5GB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・メール&SNS毎日何度もチェック
・WEBサイトやニュースアプリなど通勤、通学時に使用
・動画は月1時間程度

 

【こんな人に向いている】

5GBプランというのは、docomo、au、softbankの契約で一般的だったデータ通信容量です。5GBあれば、データ通信量はほとんど気にせずスマートフォンを使用することができます。ただし、毎日動画を1時間以上観るというような人には足りないでしょう。

 

【5GBプランのある格安SIM業者】

楽天モバイル / DMMモバイル / mineo(マイネオ) / IIJmio(みおふぉん)  / OCNモバイルONE / DTI SIM / U-mobile / NifMo(ニフモ) / G-Phone(4GB)

5GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

7gb/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・毎日頻繁にSNSチェック
・アプリでゲームやニュースなど頻繁に閲覧
・動画を月に2~3時間閲覧

 

【こんな人に向いている】

7GBあれば自宅に無線wifiがなくても、SNSのチェックやアプリでゲームやサイトの閲覧などは十分可能です。ただし、ゲームアプリのダウンロードなどをする場合は厳しくなります(ゲームアプリは容量が大きいため)。家に無線wifiがあるなら、外出先でのスマートフォン利用はかなり充実したものになるでしょう。

 

【7GBプランのある格安SIM業者】

DMMモバイル / BIGLOBE SIM(6GB)

7GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

8GB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・毎日頻繁にSNSチェック
・アプリでゲームやニュースなど頻繁に閲覧
・動画を月に2~3時間閲覧

 

【こんな人に向いている】

8GBプランと7GBプランにあまり差はないですが、少しでも容量が欲しい場合は8GBプランのある格安SIM業者も検討の余地ありです。あれば自宅に無線wifiがなくても、SNSのチェックやアプリでゲームやサイトの閲覧などは十分可能です。ただし、ゲームアプリのダウンロードなどをする場合は注意が必要です(ゲームアプリは容量が大きいため)。

 

【8GBプランのある格安SIM業者】

DMMモバイル

8GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

10GB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・PCにデザリングして利用
・家族で10GBを分け合う
・動画もバリバリ観る

 

【こんな人に向いている】

10GBプランを一人で使用する人は、スマートフォンをデザリングしてPCを利用したり、通信環境をスマートフォン中心でまかなう人向けになります。別の利用方法としては10GBを家族3人で分け合って使うという家族割のようなプランを提供している格安SIM業者もあります。

 

【10GBプランのある格安SIM業者】

楽天モバイル / DMMモバイル / mineo(マイネオ) / IIJmio(みおふぉん) / OCNモバイルONE / DTI SIM / NifMo(ニフモ) / BIGLOBE SIM(12GB)

10GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

15GB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・PCにデザリングして利用
・家族で10GBを分け合う
・動画もバリバリ観る

 

【こんな人に向いている】

15GBプランを一人で使用する人も10GBプランと同じで、スマートフォンをデザリングしてPCを利用したり、通信環境をスマートフォン中心でまかなう人向けになります。あとは、15GBを家族3人で分け合って使うという家族割のようなプランで利用すると便利です。

 

【15GBプランのある格安SIM業者】

DMMモバイル

15GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

20GB/月プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・PCにデザリングして利用
・家族で10GBを分け合う
・動画もバリバリ観る

 

【こんな人に向いている】

20GBを一人で使用するとなると自宅のインターネットをすべてこの格安SIMでまかなうくらい利用できます。それよりは20GBを家族で分け合って利用するという使い方のほうが多いでしょう。スマートフォン利用率の高い中高生の子供がいる家族などはいいかもしれません。

 

【20GBプランのある格安SIM業者】

DMMモバイル

20GBプラン各社詳細に比較した結果はこちら

無制限プラン

【1ヶ月の使用量目安】

・無制限でデータ通信を気にせず使える

 

【こんな人に向いている】

無制限プランは一見お得なような気がしますが、実際には1日当たりの上限が決まっていたり、使用しすぎると速度が制限されたりと細かい条件があるので注意が必要です。また、低速度のプランとLTEなどの高速プランがあるので、よく確認したいところです。毎月のデータ通信量を気にしたくないという人は検討してみてもいいでしょう。

 

【無制限プランのある格安SIM業者】

U-mobile(高速LTE) / 楽天モバイル(低速) / DMMモバイル(低速) / mineo(マイネオ)(低速) / OCNモバイルONE(低速) / TONE(トーン) / UQモバイル

無制限プラン各社詳細に比較した結果はこちら

 



このページの先頭へ