よく読まれている記事

Y!mobileは通話無料&メールアドレス付が格安スマホと違う



通話無料のY!mobile

Y!mobileは格安スマホとは違うけど安くて安心感がある

Y!mobileといえば、ウィルコムとイーモバイルが合わさって誕生したキャリアです。

格安スマホとは違い独自にアンテナ設備があり、回線を持っています。いわばdocomoやau、softbankに近いイメージです。

また、リアル店舗もあるのでオンラインのみではないサポートの安心感があります。

Y!mobileは格安スマホより高いプランだがメリットもある

格安スマホは大手キャリア(docomo、au、softbank)のアンテナ回線を借りてそれをサービスしているので、かなり安く提供できます。

しかし、Y!mobileは独自にアンテナ設備を持っているので大手キャリアと同じような事業となります。

Y!mobileのプランは格安スマホよりは高い設定ではあるものの、大手キャリアに比べるとかなり安くなっており、また、格安スマホにはないメリットもあるので、スマホの使用状況によっては格安スマホよりも安く運用できることがあります。

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額利用料(税抜) 2,980円 3,980円 5,980円
データ通信容量 1GB 3GB 7GB

結構シンプルでわかりやすいプランになっています。

これだけ見ると格安スマホより高い印象がありますが、y!mobileの場合は通話とメールが無料でできるというメリットがあります。

Y!mobileなら1回10分以内でどの携帯会社とでも月300回まで無料

Y!mobileなら、通話先がどこの携帯事業者であっても、固定電話でも、月に300回、1回の通話が10分以内であれば無料になるのです。

独り身なら電話はあまりしないかもしれませんが、子供がいたり家族が多いと、ちょっとしたことを電話で伝えることはよくあります。

格安スマホの場合はかければかけるほど通話料がかかりますから、それを考えると通話が無料のほうが総合的にお得になる人もいると思います。

実際には月に80分以上電話をかけることがある人は、格安SIMよりY!mobileのほうがお得になる可能性が高いです。

Y!mobileはメールアドレスがついてくる

格安スマホの場合は「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」や「@softbank.ne.jp」などのメールアドレスはありません。

Y!mobileでは、メールアドレスがついてくるので、大手キャリアのようにMMSメールが使え、メール送信は無料となっています。(SMSは3円/1通)

メールアドレスがあると、ガラケーの人へのメールや家族・友人などへのメールで連絡したい場合にはメリットがありますよね。

Y!mobileの電波はsoftbankのエリアでも使えるので安心

Y!mobileはイー・モバイルやウィルコムが合わさって誕生したキャリアなので、電波状況に関して不安な人もいるかと思います。

ですが、現在はsoftbank傘下であり、電波に関してはsoftbankエリアがカバーされているので安心して利用できます。

Y!mobileはキャンペーンやオプションサービスが充実

格安スマホと違ってY!mobileは大手キャリアのようなサービスやキャンペーンが充実しています。

学割キャンペーン、キャッシュバックキャンペーンなど、大手ならではのキャンペーンがたくさんありますので、これらを利用すれば格安スマホよりお得に始められるかもしれません。

また、格安スマホにはあまりない留守番電話サービス(有料)や、機種の保証サービス(有料)など、細やかなサービスが充実しているのも安心感があります。

それに全国各地にY!mobileの店舗があるので、docomoやau、softbankのように対面で相談や申し込みができるのは便利です。

Y!mobileに向いているのは電話やメールを頻繁にする人

格安スマホとは違うY!mobileのメリットはやはり電話無料とメールアドレスが持てること。

LINEなども使うことがあるかもしれませんが、電話のほうが早い場合というのは多々あります。

特に家族間だと1分2分のちょこちょこ電話が多い家族もあるでしょう。

その場合使っただけ支払う格安スマホにするより、通話料無料のy!mobileのほうが結果的に安くなることがあるのではないでしょうか。

また、格安スマホはオンラインで全部完結、SIMカードは自分で入れて設定するなど、少し敷居が高いところがあります。

その点、Y!mobileは実際に店舗がありますし、オプションサービスも充実しています。

そういう意味でY!mobileは電話やメールをたくさんする人、実際の店舗でサポートして欲しい人向けと言えるかもしれませんね。

>>ワイモバイル公式サイトを見てみる



このページの先頭へ