よく読まれている記事

格安SIMで実質0円のスマートフォン端末はUQ mobileにあり!



UQモバイルの端末実質0円

docomoやau、softbankなどと契約する場合に、スマートフォンとセットで購入すると、端末代が「実質0円」というものがよくありました。

総務省がそれらの購入補助を見直すように提言してからは、実質0円はなくなりました。

(噂ではまた復活しているらしいですが・・・)

格安SIMの場合はスマートフォンセットというのはあるものの、実質0円というものは聞きません。

もともと月額利用料が安いので、それ以上割引ができないということがあると思いますが、なんと、探せばスマートフォン端末セットで実質0円になる格安SIMがありました。

UQモバイルのぴったりプランなら端末購入が実質0円

UQモバイルには通常のプランのほかに、無料通話とデータ通信ができる「ぴったりプラン」という期間限定のプランがあります。

このぴったりプランは月額利用料2,980円で、データ通信容量1GB1200円分の無料通話(約30分)が付いています。

さらに1,000円/月を追加して月額利用料3,980円だと、たっぷりオプションが適用され、データ通信容量3GB無料通話2400円分(約60分)が付きます。

そこに機種を新しく端末購入アシストで購入すると、マンスリー割が適用されて、申し込み2か月目から25か月目まで端末分割代金の割引がされます。

そうなると実質0円でスマートフォンが購入できます。

ぴったりプラン たっぷりプラン
端末購入無し 2,980円 3,980円
arrows M02購入 2,980円+1,450円-1,450円 3,980円+1,450円-1,450円
LG G3 Beat購入 2,980円+1,450円-1,450円 3,980円+1,450円-1,450円
KC-01購入 2,980円+1,240円-1,240円 3,980円+1,240円-1,240円

上記のように端末購入で加算される金額が毎月割引されるので、端末代金が実質0円になります。

実質0円が本当にお得か、同じau回線の格安SIM「mineo」と比較してみた

UQモバイルは格安SIMでも数少ないau回線です。

au回線の格安SIMは他にはmineo(マイネオ)だけです。

ともにarrows M02のセット販売を行っているので、同じプランでどちらがお得か比べてみました。

比較はUQモバイルの「たっぷりプラン」とmineoの3GBプランで比較します。

【arrows M02を購入した時の月額料金】

UQモバイル mineo
月額利用料3GB 3,980円 1,510円
arrows M02分割払い 0円 1,350円
60分の通話 0円 2,400円
月額合計 3,980円 5,260円

UQモバイルの実質0円が効いているのか、かなり安い印象です。

しかし、これはmineoで毎月60分の通話をした場合ということになるので、通話をしない人にとってはmineoで購入するほうが安いと言えます。

毎月30分以上通話を使うという人はUQモバイルの方が安くなります。

通話無料に魅力を感じて、新しいスマートフォンが実質0円で購入したいならUQモバイルはありですね。

>>UQモバイルの公式サイトはこちら



このページの先頭へ