よく読まれている記事

塩顔代表!坂口健太郎出演のCMでおなじみの格安SIM「TONE」



坂口健太郎のCM、TONE格安SIM

3月に入り、社会人になる人、大学生になる人、高校に進学する人、転勤する人など、新しい生活が始まるシーズンですよね。

そんな中、携帯電話も乗り換えたり、機種変更したりするタイミングです。

とくに子供が一人暮らしをするときなどは、自立のために自分で料金を払うようになったりします。

そうなるとあまり携帯を使わない両親は、docomoやau、softbankなどのキャリアでは少し料金が高い感じがします。

そこで格安SIMという選択肢があるわけですが、格安SIMなら月額利用料が大幅に安くなるのでお得です。

>>格安SIMがなぜ安いか、その仕組みを知りたい人はこちら

TONEはまさに初心者向き!坂口健太郎出演CMから向いている人がわかる

格安SIMにTONE(トーン)というものがあります。TSUTAYAでおなじみの会社が運営しているといった方がわかりやすいかもしれません。

最近ではテレビCMで坂口健太郎さんが出演しているものを見たことがあるのではないでしょうか?

>>TONEの坂口健太郎さん出演の別バージョンのCMを観る

どんなCMかというと、坂口健太郎扮する息子が母親に格安SIMのスマホをプレゼントするというものなんです。

つまり、40代以上のちょっとスマホがよくわからない、あまり使わないけど携帯は持っておきたいという母親世代にオススメというCMなんです。

TONEの格安SIMの特徴としては、

  • 月額利用料が1,000円ぽっきり
  • docomoの回線でつながる
  • アフターサポートが充実
  • 誰でも使える優しい操作画面
  • 子供に持たせると居場所チェックや利用制限ができる
  • Tポイントが貯まる

という感じです。

これを見てもわかるようにTONEは、スマートフォンをよく使う中高生や大学生とは違って、子供や中高年、シニアをターゲットにしていることがわかります。

月額利用料が1,000円にできるのは、実は通信速度が遅いのです。

docomoやau、softbank、または他の格安SIMでは通常LTEの高速データ通信なので動画もサクサクなのですが、TONEはWEBサイトやメール、LINEなどは快適に使えますが、動画を観るには通信速度が遅いです。

でも、動画をちょっとくらい観ることがありますよね。

そんな人にはオプションとして月300円で1GBの高速データ通信がつけられます。

1GBあれば、月60分はYOUTUBEなどの動画が視聴できるので十分ですよね。

というわけで、子供や40代のママ、中高年の方、シニアの人でスマホを手軽に持っておきたいという人はTONEがオススメです。

>>TONE公式サイトはこちら

TONE



このページの先頭へ