よく読まれている記事

【体験談】TONEを中学生に持たせる親子のリアルな感想



中学生親子のTONE体験談

格安SIMで唯一子供の見守り機能搭載のTONE

中学生になるとスマホの所有率が上がってきます。

しかし、昨今ではスマホの依存症やLINEによるいじめ、有害サイトの閲覧などの問題があり、スマホをそう簡単にもたせられないという事情があります。

そういう場合はdocomoやau、softbankなどのペアレンタルコントロール機能(子供見守り機能)が役に立ちます。

ただ、携帯代がやはり家計を圧迫することもあり、家族が多いほど格安SIMに乗り換えたほうが携帯代は大幅にカットできます。

格安SIMは安い代わりに子供の見守り機能が十分ではありませんでしたが、TONEにはペアレンタルコントロールと同等の機能が備わっていて、中学生や小学生などに持たせるのに安心です。

>>関連:小学生、中学生のスマホは月額1000円の格安SIMがオススメ

TONEの機能については上記の記事をご覧ください。

今回は中学生のいる親子でTONEを利用している人の体験談をご紹介します。

中学生のいる親子でTONE使っている人の体験談

中学生の親子でTONEスマホ体験感想

今回TONEを利用している親子は、中学1年生の男の子とそのお母さんが親子でTONEのスマホを利用している体験談です。

スマホを中学生の息子に持たせようと思ったのは、中学生になってから習い事をするようになり、夜遅くなることがあるので連絡できる携帯を持たせたいということでした。

ただ、やはりスマホ依存や有害サイトなどは観てほしくないということでTONEにしたということです。

通っている中学校ではスマホを持ってくることが禁止されているので、実際に利用するのは下校してからということです。

そして、スマホを利用するルールとして以下のようにしたということです。

  • アプリはマップ、yahooあんしんネット、LINE、電卓、時計、天気、YouTube、辞書
  • 19時〜20時の1時間だけアプリを全部利用可能にする
  • 上記以外の時間は電卓、時計、天気のみ利用できる
  • ゲームは許可したものを2つまで入れていいことにする
  • 基本的には家族以外との通話はしない

以上のルールで利用してみた体験談を以下にご紹介します。

TONEスマホを持たせた時の反応

今までは親のスマホをたまに触ることはあったものの、自分のスマホということでかなりテンションがあがっていました。

ただ、渡した時間が17時頃だったので、19時になるまでいろいろ使えないということでソワソワしていたのが可愛かったです。

m15を持たせたのですが、子供の手にはやはり大きいので、落とさないかとちょっと心配になりました。

子供には壊したら二度と買わないと言っておいたので、かなり大事に使っています。

利用時間を決めれば賢く使う子供

初日はスマホの使い方もそこまでわからないようで、ひたすらYouTubeを観まくっていました。

あとはLINEのツムツムをしたいということで、入れてあげたら、あっという間に1時間が経過しました。

「もう終わり?」という感じで悲しそうでしたが、それは最初だけで、だんだん日が経つにつれてアプリごとの時間配分を考えて使うようになっていました。

サッカーと学習塾に通わせていますが、Jリーグの試合結果を観たり、サッカーのテクニックなどのサイトを観てスマホを有効に使っているようです。

塾が終わるのが19時をすぎることもあるので、スマホを使えない日があると苦情が出ましたが、アプリの利用時間は曜日ごとには指定できないので、アプリの利用時間を合計時間にするかどうか話し合って、最終的には合計時間にするとやり過ぎると自分でもわかっていたのか、そのままでいいということになりました。

スマホを使うことは勉強にも役立つ

中学生の勉強でTONEのスマホ

学習塾に行くときはTONEのスマホを持たせます。

主に位置情報の確認の目的ですが、子供にとっては電卓機能や辞書アプリが学習に役立つようで、効率よく勉強できるようです。

さらに何となくスマホの辞書で調べることが楽しいようで、勉強も楽しんで出来ているのがよかったと思います。

位置情報の確認は本当に安心できる

TONEで中学生息子の位置情報

TONEを親子で持つと位置情報が確認できます。

塾の位置を登録しておけば、塾に着いた時点で知らせが親のスマホに届くようにできます。

また、帰りも塾を離れた時点でお知らせが届くので安心です。

遠くに遊びに行く時にも見守り機能は便利で、一度道に迷ったことがあったのですが、電話ですぐに連絡が来たので迎えに行くことができました。

スマホを子供に持たせるのは心配なのですが、この位置情報の確認だけは本当に助かります

docomoの時より携帯代が大幅カット

TONEには今まで使っていたdocomoから乗り換えました。

旦那はTONEを嫌がったので、楽天モバイルの格安SIMに乗り換えてもらいました。

私と息子はTONEに親子で乗り換えてTONEファミリーの設定をしました。

私はさすがに電話番号を変えたくなかったので、音声付きプランですが、それでも月額は1,930円、息子の方は月額1,000円のみです。

月額1,000円でもIP電話が付いているので、旦那やおじいちゃん、おばあちゃんとも電話はできます。

家計で考えると今まで夫婦2人で12,000円くらい払っていた携帯代が、親子3人に増えても6,000円程度に抑えられました。

なんだかんだでこの家計の節約が一番うれしかったですね。

TONEの見守り機能は非常に使える

TONEの見守り機能は中学生などの子供を持つ親子で持つと非常に安心感がある格安SIMだということがわかりました。

また、親子だけでなく祖父や祖母など離れて暮らす場合でもファミリー設定したTONEは見守りという意味で役立つと思います。

料金も非常に安いので家計の節約にも一役買ってくれます。

ただ、これらの機能をフルに使いたい場合は、TONEの専用スマホを利用しなければいけないので、機種代が最初にかかるということだけ負担になるかもしれません。(分割払いにすれば月々の負担は少ない)

中学生の見守りにTONEを検討してみてはいかがでしょうか。

>>TONEの詳細を公式サイトで見てみる

TONE



このページの先頭へ