よく読まれている記事

小学生、中学生のスマホは月額1000円の格安SIMがオススメ



小学生中学生には格安SIMのTONE

子供を見守れる月額1,000円の格安SIM「TONE」がオススメ

子供が小学生、中学生になると、持ちたがるのがスマートフォンですよね。

単純にスマートフォンを持たせるのは、勉強の妨げになる、ゲームばかりする、LINEばかりやる、などなど心配事がたくさんあります。

しかし、逆に持たせないと、どこで何をしているのか、いざという時に連絡が取れない、持ってないことで仲間外れになる、などなど弊害があるのもまた悩みどころ。

そういう場合、たいてはdocomoやau、softbankで家族割りなんかを適用させて持たせるのが安心という声もあります。

しかし、その場合の通信費用は家族で軽く1万円は超えるでしょう。

それが当たり前だと思っている人は、かなり損をしています。

最近は子供に持たせても安心できる、月額1,000円から持てる格安SIMの「TONE(トーン)」というものが出ているからです。

TONEの格安スマホを小学生、中学生に持たせて安心な理由

まずはこちらのTONEファミリーに関する動画を観ると一目瞭然かもしれません。

動画をご覧いただくとわかるようにTONEは親子で使える便利な機能がいっぱいです!

  • 子供の位置がGPSでわかる
  • 子供のスマホの時間を制限できる
  • 子供のスマホのアプリを制限できる
  • 子供にメッセージを手軽に送れる(返事も手軽)
  • 歩きスマホで警告が表示される

このように小学生や中学生に持たせるのに非常に便利な機能が搭載されているのです。

例えば塾に行ってるかどうかの位置確認、塾の帰りにまっすぐ帰っているかの確認、宿題するまでスマホは禁止、などなどママが欲しかった機能が満載です!

月額1,000円だけど低速度、物足りない部分はオプションで補える

格安SIMのTONEの料金プランは一つしかありません。

月額1,000円ぽっきりというだけです。それでdocomoの回線を使い放題なんです。

しかし、通信速度が遅いのです。

WEBサイトやLINEのやり取りには申し分ないですが、動画を観るには厳しい速度です。

でも安心してください。オプションで1GBの高速データ通信ができるようにすることができます。

これが月300円です。1GBというとYOUTUBEの高画質HD動画が約60分は観ることができます。

だから、通信速度が遅いかもという不安は、オプションをつけることで解消できます。

TONEにする場合に注意しておきたいこと

docomoやau、softbankなどから乗り換える場合に注意しておくべき点がいくつかあります。

TONEはスマートフォンの機種が決まっている

TONEで使えるスマートフォンは決まっていて、申し込み時にそのスマートフォンに切り替えることになります。

同じタイプのスマートフォンで性能と値段が違う2種類のものが用意されています。

TONE m15という機種が29,800円、TONE m14という機種が19,800円です。

m15の方はスペックを見ても、最新のスマホと比べても見劣りしない高性能なスマートフォンなので、こだわる人も満足です。

m14の方はコンパクトで持ちやすさ、携帯のしやすさを重視したい人向けで、あまりスマートフォンを積極的に使わない人はこちらで十分です。

自宅に無線wifiがある方が良い

月額1,000円なのですが、通信速度が遅いので例えばゲームアプリなどの容量の大きいものをダウンロードするときなどは時間がかかります。

また、高速データ通信のチケットを使ってしまうと、すぐに上限の1GBが来てしまうので、出来れば自宅に無線wifiがあった方がダウンロードするときに便利だと思います。

親子で持たないと意味がない

小学生、中学生に持たせて安心なのですが、その機能を使うには親子で持つ、つまり少なくとも2台必要ということになります。

親が持つスマートフォンで、子供のスマートフォンを操作するというわけです。

だから、子供にだけ買い与えてもあまり意味がありませんのでご注意ください。

>>小学生、中学生のスマホデビューに最適のTONE公式サイトはこちら

TONE



このページの先頭へ