よく読まれている記事

au、softbankからTONEへMNP乗換えのポイント



auかsoftbankからTONEへ乗り換え

格安SIMの中でもスマートフォン初心者や家族にターゲットを絞っているTONE(トーン)という格安SIMがあります。

テレビCMなども行っていて、月額1,000円というインパクトで注目されています。

現在auやsoftbankの携帯電話を使っていて、格安SIMのTONEへMNP乗り換え(電話番号そのままで乗り換える)をする場合のポイントや注意点をご紹介します。

TONEにMNP乗換えをすると月額1,000円にはならない

月額1,000円というのは非常に魅力的に感じますが、これはあくまで電話番号を新規で使う場合で、しかも050から始まるIP電話だけが対象になっています。

子供やおじいちゃん、おばあちゃんなどに新しく持たせたい場合に、電話番号を080や090にこだわらない場合は、月額1,000円で運用可能です。

親子や家族で契約する場合、親の立場上電話番号を変更したくない場合は、auやsoftbankで使っている電話番号をそのまま引き継ぐMNP乗り換えを利用することになります。

その場合はTONEの月額1,000円に別途音声通話付きオプション953円がかかり、実際には月額1,953円になります。

格安SIMのTONEの通信速度はLTEだが遅い

TONEは月額1,000円でパケット通信し放題なのですが、通信速度は500kbps~600kbpsと低速度になります。

これはYOUTUBE動画を視聴する場合に、止まったりしてスムーズに観ることができない速度です。

動画以外のWEBサイト閲覧やSNSのチェック、LINEのやりとりはスムーズにできるので、外出先で動画を観ないというのならあまり問題はありません。

通常auやsoftbankの場合は高速データ通信の実行速度は約70Mbpsくらいは出ているはずなので、それに比べると約140分の1という速度です。

ただし、数字で見ると大きくかけ離れているように思いますが、実際の体感では「ちょっと遅いなぁ」くらいのものです。

それが気になる人には月額300円プラスで、高速データ通信1GB分が使えるオプションもありますから、利用を検討してみてください。

au、softbankからTONEにMNP乗換えは端末購入が必須

auやsoftbankから格安SIMのTONEへ乗り換える場合、新しくスマートフォンを購入する必要があります。

TONEは専用のスマートフォンが必須なので、たとえSIMフリーのスマートフォンを今使っていたとしても買い替えなければならないのです。

TONEは家族で使うことを目的としており、親子で見守り機能や伝言機能を使うためには専用のスマートフォンを持つ必要があるからです。

TONEは初心者専用スマートフォン「TONE m15」と「TONE m14」を用意しており、それぞれ29,800円、19,800円となっています。

>>TONE専用スマートフォンm15の詳細はこちら

>>TONEの子供見守り機能についてはこちら

auやsoftbankからTONEへ乗り換えた場合の料金シミュレーション

父、母、子(中学生)、子(小学生)の4人家族と仮定して、現在はauまたはsoftbankに父と母の2人が契約していて、新たに子供に携帯を持たせるタイミングでTONEに乗り換えをするとします。

端末はm15(29,800円)を4台購入して、24回払いの分割払いで購入(手数料は除く)したと仮定します。

【月々にかかる料金】

中学生 小学生
端末代分割払い 1242円 1242円 1242円 1242円
月額基本料 1,000円 1000円 1000円 1000円
090、080番号利用料 953円 953円
合計 3195円 3195円 2242円 2242円

4人家族の合計は10,874円/月で、一人当たりだと2,719円となります。

25か月目からは端末代がなくなるので、4人家族の合計利用料は、5,906円(一人当たり1,477円)まで下がります。

さらに、2016年5月15日まではキャンペーンを行っており、2台以上の申し込みで【初期費用全員分無料】+【最大6ヶ月分全員の月額利用料無料】というお得な割引もあるので、上記の家族で適用した場合は24,000分の割引となります。

同じようにauやsoftbankで4人家族で契約すると最低でも一人4,500円はかかるので、家族全員では18,000円必要で、さらに端末を購入するとその分が加算されます。

それを考えると、通信速度さえ気にしなければお得に利用できると言えます。

子供のことを第一に考えてスマホを持つなら家族でTONEへ乗り換えはあり

auやsoftbankからTONEへ乗り換えるにあたって一番のポイントは【通信速度】【端末の購入】だと思います。

通信速度に関しては、高速データ通信1GBオプション(300円/月)に加入すれば問題ないでしょう。

端末の購入の負担を減らしたい場合は、今使っているスマートフォンを買取して現金化すれば少しは軽減できそうです。

>>スマートフォン売るならネットオフ

子供に携帯を持たせたいけど、スマホ依存はしてほしくないという場合、TONEなら位置情報の確認、アプリダウンロードの制限、スマホ利用時間の遠隔操作などの連携機能があるので、これは他の格安SIMにはないものなので子供を第一に考えるならTONEという選択はありでしょう。

スマートフォンはm14という19,800円の安いものもありますから(その代わり性能は低い)、あまりスマートフォンを使わないという人は、m14を選択するという方法もあります。

>>TONEのそのほかの記事はこちら

>>TONE公式サイトはこちら

TONE



このページの先頭へ