よく読まれている記事

【終了】データ通信無制限!ヘビーにスマホを使うならソネット格安SIM



LTE SIM+スマホセット

スマホ依存高い人なら、通信容量無制限+Ascend Mate7で決まり

ソネットの格安スマホサービスから新しく通信容量無制限のスマホセットプランが登場しました。

格安スマホと言えば、通信容量が1GB、3GB、5GBなど、一ヶ月にデータ通信できる量が決まっているのが普通です。

そんな中ソネットのこのプランは通信容量無制限!

といっても、1日に360MBまでということにはなっているので、実質はフルで使うと11GB程度ということになります。

しかし、大手3キャリアの7GBまでと比べても十分な通信容量なので、価格が安くて通信容量が多いというのは魅力的だと思います。

ソネットのLTE SIM+スマホセット概要

プランとしては非常にシンプルで、LTE SIMカード1枚とHuaweiのスマホAscend Mate7がセットになったもの1択です。

  • データ通信無制限(但し、1日360MBまで)
  • 音声通話 20円/30秒 MNP乗り換え対応
  • スマホ端末Huawei Ascend Mate7 1台

上記セットで月額4,980円となっています。

気になるのはHuawei Ascend Mate7の実力

ソネットがプラン一択で自信を持ってお届けするHuawei Ascend Mate7、その実力も気になるところですよね。

実はこのAscend Mate7は、触った人によってはiPhone6 Plusを超えているとも評される現時点で最高水位のスマートフォンとなっています。

Ascend Mate7

スペックは以下の通りです。

  • 6インチフルHD(1920×1080)IPS-NEO液晶
  • 2GB RAM
  • 16GB ROM(microSDカードが入ります。)
  • 500万画素のインカメラ
  • f値2.0 ソニー製センサー搭載1300万画素
  • オクタコアCPU搭載
  • 背面指紋認証機能

まずは画面はかなり大きいサイズでiPhone6 Plusで5.5インチですから6インチはそれより少し大きいです。

大きいですが、厚みは7.9mmと非常に薄く抑えられています。

カメラの性能もずば抜けていて、スマホでは最高峰の1300万画素、インカメラ(自撮り)も500万画素あり、写真にこだわるひとも満足できそうです。

iPhone以外では珍しく指紋認証も搭載されており、しかも背面にあることからスマートに指紋認証可能です。

本体も高級感のある金属製で、まさに現時点で最高峰のスマホと言えるでしょう。

スマホ本体を分割払いにするか一括払いにするか悩みどころ

このプランで格安スマホを使いたいという人は以下のような人にオススメではないでしょうか。

  • ネット、SNS、動画をスマートフォンでバリバリ使ってしまう
  • 少し料金が高くても通信容量を気にしないで使いたい
  • スマートフォンの性能は高い方がいい

ですが、一つ気になることもあります。

月額4,980円というのはAscend Mate7を分割36回払いにした場合ということになるので、必然的に3年間は使うことになります。

一括で端末を購入することもできますが、その場合はAscend Mate7の端末代金が58,000円と高額になってしまいます。

分割にすると端末代金は実質半額になりますが、3年使う感じで考えないといけません。



このページの先頭へ