よく読まれている記事

softbankのiPhone5Sは買取で格安スマホや新機種の足しにしよう



手元のiPhoneは買取しよう

格安SIMに乗り換えを考える場合に、今使用しているスマートフォンをどうするのかを考える必要があります。

docomoと契約している場合は、ほとんどの格安SIMがdocomoの回線なので、今使っているスマートフォンをそのまま使えることが多くなっています。

使えるかどうかを確認するには、格安SIM各社の公式サイトにある「動作確認済み端末一覧」ページで確認できます。

一方、auやsoftbankから格安SIMに乗り換える場合、au回線を利用している格安SIMであるmineoやUQモバイルへの乗り換えなら、auで使っていたスマートフォンは利用できる場合があります。

softbankの場合は、SIMロック解除したスマートフォンか、SIMフリーのスマートフォンでないと格安SIMで利用することはできません。

iPhoneの場合はsoftbankユーザーは涙目

日本ではiPhoneの人気がすさまじいですが、iPhoneでも格安SIMは利用できます。

私もiPhone 6Plusですが、SIMフリー版をAppleストアで購入して、IIJmioのSIMカードを入れて利用しています。

おかげで月の携帯代は2,000円以下になっています。

docomoやau、softbankで、現在iPhoneを使っている場合はSIMロックがかかっているので、基本的には他社に乗り換えることはできません。

しかし、多くの格安SIMはdocomoの回線を使っているので、実は同じdocomoということになり、SIMロックがかかったdocomoのiPhoneなら利用できます

auもmineoのau回線に乗り換えれば、auのSIMロックiPhoneも使えます。

残念なのがsoftbankのiPhoneは、格安SIMでsoftbank回線を利用しているところはないのでどうしようもありません。

新しいSIMフリー版iPhoneをAppleストアで新たに購入して、格安SIMと契約するしかないですね。

  • docomoのSIMロックiPhone → docomo回線の格安SIMで使える
  • auのSIMロックiPhone → au回線のmineo(マイネオ)で使える
  • softbankのSIMロックiPhone → SIMフリー版に買い替えるかAndoroid端末で新規契約

iPhone 6Sの場合はSIMロック解除できるのでその限りではありません。

ちなみに私はsoftbankのSIMロックiPhone5から、SIMフリー版iPhone 6Plusを購入して乗り換えました。

iPhoneでもAndroidでも機種も替えるなら前のスマホを買取りに出そう

格安SIMに乗り換えたいけど、機種を買うお金が無いとお嘆きの人もいるかもしれません。

そんな時は格安SIMの分割払いを利用するのもありですが、まず手元にあるそのスマートフォンを下取りに出すことを考えましょう。

スマートフォンは元々高価なものですから、今使っているスマートフォンも実は結構高値で買い取られたりするんです。

例えばネットオフだと2015年3月30日時点で、iPhone5Sは18,000円(64GB)、16,000円(32GB)、13,000円(16GB)の買取価格が最大となっています。

これを利用すれば、少しは負担を軽くしてSIMフリー版iPhoneの最新機種や、Andoroidの新機種の足しにできます。

まずは自分の手元にあるスマートフォンがどれくらいの価値があるのか調べておきましょう。

【圧倒的支持率】スマートフォン売るならネットオフ

スマートフォン買取



このページの先頭へ