よく読まれている記事

子供見守り格安スマホG-PhoneとTONEを比較、どっちがいい?



子供に持たせる格安SIM比較G-PhoneとTONE

格安SIMの中にも小中学生にスマホを安全に持たせることを考えたプランが出てきています。

小学生や中学生になるとスマホを持ちたくなる年齢ですし、周りでも持ち始める子供も増えてきます。

いざという時の連絡や位置確認などは便利ですが、ゲームのしすぎ有害サイトの閲覧などをされないか心配ですよね。

そういった心配はdocomoやauなどのキッズケータイが解決していたのですが、これが結構高いんですよね。

しかも親のケータイ料金もあるから、家族全員で数万円/月というケースも・・・。

子供のフィルタリング機能がついた格安SIMなら、格安SIMの料金携帯で、安心・安全に子供にスマホを持たせることができます。

フィルタリング機能を有している格安SIMは「G-Phone」「TONE」です。

これら2つの格安SIMの特徴と、どちらがどういう人に向いているか調べてみました。

G-PhoneとTONEのフィルタリング機能比較

子供に持たせる上で必要になってくるフィルタリング機能ですが、G-PhoneとTONEではどういう機能が使えるでしょうか。

G-Phone TONE
セキュリティ ×
アプリダウンロード制限
アプリ利用制限
スマホ利用制限
有害サイトブロック ×
位置情報確認 ×

セキュリティは子供の見守りに関係ないですが、G-Phoneの場合はプランの料金に含まれています。

「スマホの利用制限」ですが、G-Phoneの場合はネット接続の利用こそ制限できるのですが、スマホそのものの利用は制限できません

TONEはアプリの利用制限だけでなく、スマホそのものの利用制限もできるので、ゲームのしすぎなどを防ぐことができます。

「有害サイトブロック」についてはG-Phoneは標準で付いていて、カテゴリ別や年齢別、サイト別など細かく設定できます。

TONEのほうは有害サイトブロックという機能はないので、必要であればi-フィルター(月額400円)などの有害サイトブロックアプリを利用しなければなりません。

「位置情報確認」ではG-Phoneは標準では付いていませんが、Android端末であればAndroidデバイスマネージャーで無料で設定することができます。

TONEの場合は、位置情報で子供の位置を確認できる機能が標準で付いているので安心です。また、指定の位置に子供が到着したかをお知らせしてくれる機能もあり、塾や習い事、家などにきちんと着いたかどうか確認できます。

G-PhoneとTONEの料金比較

G-PhoneとTONEの料金プランは一概に比較することが難しく、どちらかというと用途によって選ぶという感じになるでしょう。

できるだけ同じように比較するとすれば

G-Phone TONE
月額利用料 2,280円 1,000円
090や080番号利用 953円/月
データ容量 4GB/月 無制限
通信速度 LTE高速データ通信 低速度(500~600kbps)
高速1GBチケット 300円/月

まず、G-Phoneの場合は4GB/月のプランで、セキュリティもフィルタリングも含まれています。

一方TONEの方は1,000円というのはあくまでもIP電話(050番号)を新規に利用する場合であり、実際にMNP乗り換えで090や080の番号を使いたい場合は別途953円/月加算されます。子供は090や080番号はいらないと思うので、IP電話の1,000円でもいいでしょう。

あとは速度が全然違っていて、G-Phoneの場合は高速データ通信LTEで月に4GBの容量があります。

TONEは速度は500~600kbpsと遅いものの、容量の制限はなく自由に使い放題ということになっています。一応月300円プラスすると、1GB/月の高速データ通信チケットが使えるので、高速データ通信が使えないわけではありません。

G-PhoneとTONEのスマートフォン端末比較

G-PhoneとTONEでは利用できる端末が異なります。

G-Phone TONE
万人向け ZenFone Go、Zenfone2 Laser、Zenfone2、ZenFone5、HUAWEI GR5、P8Lite、Ascend Mate7、Ascend G620S、Ascend P7、Ascend G6、ARROWS M01、TORQUE SKT01 TONE m15、TONE m14
子供向け geanee GM-01A、geanee FXC-35、geanee FXC-5A TONE m15、TONE m14

※G-Phoneは推奨端末です。

スマートフォン端末については大きく異なっており、TONEは基本的にはTONEが提供するスマートフォンを使うことが必須となっています。

親子で同じスマートフォンを使うことでTONEの機能が最大限に利用できるというわけです。

一方G-Phoneの場合は、Android端末でSIMフリーかつdocomoのネットワークに対応していれば利用できます。

上記はG-Phoneの公式サイトにある推奨端末となっており、同時にスマホセットの申し込みも可能ですし、docomoからの乗り換えならそのまま使っているスマホを利用できる場合もあります。

G-PhoneとTONEの比較まとめ

これまで比較してきたことを踏まえて、G-PhoneとTONEをオススメしたい人をまとめると

【G-Phoneを子供に持たせるのにオススメな人】
  • 今のスマホ(docomo)をそのまま使いたい人
  • 動画などを外出先で頻繁に見る人(高速データ通信が必要)
  • 子供や自分のスマホ機種を自由に選びたい人
  • Android端末を数台所有している人(SIMカードだけあればいい)
【TONEを子供に持たせるのにオススメな人】
  • 親子で同じスマートフォンを使いたい人(使ってもいい人)
  • スマートフォン機種にこだわらない人
  • できるだけ安く利用したい人
  • 機械が本当に苦手な人(遠隔サポートがある)

というわけで、決定的な違いというのはそこまでないですね。

しいて言えば、「スマートフォンの機種にこだわるかどうか」ではないでしょうか。

というわけでさらに詳しいことは、それぞれの公式サイトでご確認ください。

>>TONE公式サイトはこちら

TONE



このページの先頭へ