よく読まれている記事

私はIIJmio、妹はDMMmobile、妻は楽天モバイル、母はNifMo



家族は格安SIMバラバラでもいい

家族でバラバラの格安SIMで全然問題ない

私は2014年11月からIIJmioを使い始めています。

人柱として初めてみたのですが、これが思ったより全然使えるし、安いしで「なんでみんな格安SIMにしないんだろう?」と思っていました。

それからとりあえず家族のなかの携帯代を節約しようと、最適な格安SIMを見つけていって、どんどん乗り換えさせたのです。

今では家族全体の携帯代が、softbankを使っていたころに比べて、18,000円/月得しています。

私はIIJmio

私がIIJmioにした理由は、まだ格安SIMがそこまでいろいろな業者がいなかった時だったので選択肢は少なかったのです。

そのなかでも格安SIMの先駆け的なIIJmioにしようと思いました。

当時はスマホセットが無くSIMカードを購入するという形で、私はiPhone 6 Plusを使いたかったので、AppleストアでiPhone 6 Plusを別途購入してから、IIJmioのBIC SIMを申し込みました。

最初は3GBプランを申し込んでいましたが、WiMAXも使っていたので3GBもいらないなってことで、1GBプランに変更しました。

でもその後、格安SIMの価格競争が始まって、結局1GBプランが増量されて価格据え置きで3GB/月にもどりましたけど。

これで携帯代としては通話料入れても2,000円前後ですね。通話はほとんどしないので。

自宅にwifiがあって、外で動画をあまり観ないのであれば3GBプランで十分でしょう。

私のように外でPCをするためのモバイルwifiやWiMAXを持っているなら1GBプランでも十分です。

>>IIJmioは老舗の安定感が抜群でおすすめ!

IIJmio

妹はDMMモバイル

私の妹は2015年4月にDMMモバイルにsoftbankから乗り換えました。

当時まだガラケーだった妹は、そのときちょうどsoftbankの更新月だったということもあり格安SIMをすすめました。

とりあえずスマートフォンを新たに購入しないといけなかったので、当時機種が豊富なDMMモバイルにしました。

妹はスマートフォンが初めてだったので、どれくらい使うかわからなかったので、DMMモバイルのプランが細かくあるのがいいのではないかと思いました。

DMMモバイルのZenfone5にして、とりあえずまだ若いのでそこそこデータ通信は使うだろうと5GBプランにしました。

使ってみると月に3GBくらい使っていたので、今のところ5GBでちょうど良かったですね。

ちなみに月1,910円なので、一人暮らしの妹は家計が助かると喜んでいます。

月々DMMポイントがもらえるので、DMMポイントで海外ドラマを観てるらしいです。

>>細かいプラン設定と安さが魅力のDMMモバイル

DMMmobile

妻は楽天モバイル

妻は2016年3月に楽天モバイルに変更しました。

ちょうどsoftbankの更新月になったタイミングと、iPhone 5sがボロボロになってきたということで乗り換えました。

私からすれば更新月じゃなくても、解約手数料を払ってでも乗り換えたほうが結果的に得だと言っていたのですが、iPhone 5sがまだまだ使えるしもったいないということで、それまでsoftbankに高い携帯代を払い続けていたんですよね、ホントもったいない!

iPhoneをずっと使っていましたが、softbankのiPhone 5sはSIMロックがかかっているので格安SIMでは使えないということで、仕方なくAndroid端末に乗り換えることに。

楽天カードも持っていて、楽天市場もよく利用することから楽天モバイルがいいと判断して、さらに3月のスーパーセールでZenfone2を半額でゲットしました。

iPhoneをずっと使っていた妻もZenFone2に変えても特に不満はないようで喜んでいます。

これで夫婦で月たったの4,000円という携帯代で済んでいます。

>>楽天よく利用するなら楽天モバイルしかない!

母はNifMo(ニフモ)

母はもう還暦を迎えていますが、ガラケーでもsoftbankで、なんかやたら高い料金だったみたいなのでスマートフォンにするように勧めました。

母に持たせるので一番重要視したのが、「使いやすさ」です。

ということで、その時に一番使いやすそうなスマートフォンArrows M01にしました。

そして、その機種を取り扱っていたNifMo(ニフモ)に乗り換えることにしたのです。

母はどうせそんなにスマートフォンを使うことはないだろうから、一番安い月1GBプランにしました。

Arrows M01を実際に還暦の母に持たせてみると、最初は無理だと言っていたのに、今ではLINEとかニュースアプリとか見たりと、そこそこ使っています。

ただ、今母に使わせるのならスマホ初心者をターゲットに展開しているTONEにしてあげたかなぁと思いますね。

>>還暦の母に使わせたいスマートフォンはTONE

TONE

docomo、au、softbankの家族割より格安SIMバラバラのほうが得

家族で格安SIMに乗り換えてみて分かったことは、それぞれのライフスタイルで携帯の使い方は全然違いますから、その人にあったプランやスマートフォンがあるんですよね。

大手キャリアは全員に「かけ放題」をつけさせることで、一人当たり最低でも4,500円くらいは必要になってきます。

しかも4,500円のプランだとすぐデータ容量オーバーで制限がかかるし。

ということで、これからは家族一人一人に合った格安SIMにするのもありだと思いました。

家族で統一したい場合はIIJmioのシェアプランとかを活用してもいいかもしれませんね。

>>家族みんなで使いたい格安SIMベスト3



このページの先頭へ