よく読まれている記事

子供に携帯やスマホを安く安全に持たせる方法



子供のスマホ

子供に携帯やスマホを持たせる時に考えること

家計の節約を考える上で、携帯電話やスマホなどの通信費用を見直すというのは重要です。

何も考えずドコモやau、ソフトバンクと契約し続けていると年間で十数万円という通信料になりかねません。

できるだけ安くということであれば格安スマホや格安SIMなどを利用するのも一つの方法です。

例えばIIJmio(みおふぉん)という格安スマホを家族4人で利用した場合、普通に使う分なら家族全員で月5,000円以下ということも可能です。

乗り換えるのは面倒な作業でもありますが、毎月の支払いが1年、2年と通算していくと莫大な金額になります。

1度乗り換えてしまえば、その後の家計はずっと節約できます。

ただ、格安SIMを子供に使わせるのはどうなのかと思うかもしれません。

しかし、現在は格安SIMでも家族でシェアできたり、子供の見守りができたりするものが出てきています。

通話は無料通話アプリなどを活用し格安SIMで持たせる

格安スマホや格安SIMには「音声通話付きSIM」と「データSIM」というものがあります。

090や080から始まる電話番号を持つのが音声通話付きSIMです。

ドコモやau、ソフトバンクなどであれば、普通はこの音声通話付きSIMとなります。

一方データSIMというのは、インターネットやメール、LINEなどのSNSだけができるSIMということになります。

電話番号が付属しないのですが、最近では無料通話アプリというのがあり、アプリ同士で通話することができます。

050 plus - 050番号で携帯・固定への通話がおトク

050 plus – 050番号で携帯・固定への通話がおトク
無料
posted with アプリーチ

子供に余計な通話をさせないために、通話はすべて無料通話アプリを使うようにすればいいのです。

そうすれば、格安SIMのデータSIMプランのみで済むのでさらに安く運用できます。

データSIMプランでおすすめの格安SIM

OCNモバイルONEは専用SIMで月額972円から高速LTEが利用できます。ドコモの回線なのでエリアも速度も快適に使えます。

子供の見守りを重視するなら格安SIM「TONE」がオススメ

小学生や中学生にスマートフォンをもたせるのが不安だという親も多いと思います。

かといって逆に持たせないと「連絡ができない」とか「仲間はずれになる」などの別の不安も・・・。

そんな時にオススメなのが格安SIM「TONE」です。

月額1,000円から始められて、親子で専用のスマートフォンを持つことで、子供がどこにいるかGPSで確認できたり、アプリのダウンロードの制限遠隔操作でスマートフォンの利用時間を制限したりすることができます。

スマートフォンも初心者にやさしい画面構成になっているので、誰でも使いやすいものとなっています。

親子に人気のTONEスマホは今注目されています。

>>TONEの公式サイトはこちら

2016年に登場、見守りコミコミのキッズプランがうれしいG-Phone

G-Phoneという格安SIMも子供の見守り&フィルタリング機能が最初からコミコミな「キッズプラン」というのを始めています。

基本料金は2,280円/月で、データ通信容量が4GB、セキュリティ込み、フィルタリング機能込みと非常にお得です。

フィルタリング機能も、アプリの利用&ダウンロード制限に有害サイトのブロック、アプリ利用時間の管理など充実しています。

使わない両親のパケットをシェアできるようにして家族で安く運用

子供がある程度大きくて、スマホも十分に使わせてあげたいという場合は、格安スマホのシェアプランを利用するといいと思います。

シェアプランというのは、例えばSIMカード4枚で月に10GBのデータ通信を分け合うというプランです。

つまり4人で10GBをシェアできるということになり、父1GB、母2GB、子3GB、子4GBのように、よく使う家族が多く使えるということになります。

このプランは契約は1つなので、家族全員で月の利用料が4,000円~6,000円で済んでしまうというのでかなりお得です。

ただし、格安スマホは通話料金が実費になるので、くれぐれも通話を使いすぎないように注意しましょう。

シェアプランのある格安スマホ

IIJmio(みおふぉん)は、家族10人まで利用でき、10GBで月額3,260円(別途追加SIM料金必要)というシェアプランがあります。家族間通話も最大60%オフなのでお得です。

DMMモバイルは3人でシェアできるプランがあります。しかも、データSIMや通話SIMとの組み合わせとデータ容量の組み合わせでいろんなプランを選べます。3人で月2,140円~というのもお得すぎ!

子供にはガラケーで十分ならワイモバイルが安い

まだ子供にスマホを持たせるのは早い、またはお父さんはガラケーで十分ということがある場合はワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルは月々2,000円以下でガラケーを持てるプランがありますし、家族割のようなことも可能です。

しかも、ガラケーの機種も豊富なのでガラケーが無いということはありません。

ワイモバイルはソフトバンクと同じ会社なので、残念ながらソフトバンク利用者は乗り換えによるお得さはなくなりますが、docomoやauの利用者ならキャンペーンなどが適用されてお得に乗り換えできます。

また、店舗もあるので、ネットで申し込むのが不安な場合は実店舗で話を聞けるのもいいですよね。

それとスマホのプランもテレビCMでおなじみの2,980円で通話もネットもコミコミなのでお得です。

>>ワイモバイル公式サイトを見てみる

家族で乗り換える場合に注意すべきこと

ドコモやau、ソフトバンクから格安スマホなどに乗り換える場合は、契約の親子関係に注意が必要です。

例えば家族割などを適用するために、お父さんの契約が「親と」なり、ほかの家族が「子」として契約している場合、MNP乗り換えできるのはお父さんだけとなります。

つまり、格安スマホの契約時の名義がお父さん以外できないということになります。

格安スマホは個々の名義で契約することもあるので、その場合は乗り換える前に個別の名義に変更する必要があります。

 



このページの先頭へ