よく読まれている記事

楽天モバイルの低速無制限プランもWIMAXやポケットwifi持ちならあり



楽天モバイル

低速無制限で1,250円で通話付きスマホが持てる楽天モバイル

楽天モバイルにはLTE高速データ通信のプランの他に、低速200Kbpsながら無制限で超安いプランもあります。

このプランに合っている人というのは、子供に持たせるスマホにしたいとか、スマホでネットを見ないという人でしょう。

しかしながらWIMAXやポケットwifiなど、高速データ通信機器を持っている場合は、それをwifiで繋げれば高速通信のスマホになります。

WIMAXやポケットwifiを持っている人は主にノートパソコンやタブレットを外出先で利用するために持っているんだと思います。

それで普通にdocomo、au、softbankなどのスマホを1台持っている場合、月々の通信費用が1万円を超えるのではないでしょうか。

どうせWiMAXやポケットwifiを持つのであれば、スマホもそれらに繋いで運用すれば、スマホの契約が高速データ通信である必要はありません。

携帯の本来の役割は電話ですから、通話さえできるスマホがあれば、あとはWiMAXやポケットwifiでデータ通信をすると大幅な節約になります。

楽天モバイルは留守電サービスなど他の格安スマホにないサービスがある

上記のような使い方をする場合、楽天モバイルの低速無制限プランは、「安い」という以外にもおすすめポイントがあります。

ひとつは留守電サービス(300円/月)です。

意外に他の格安スマホにはあまりない留守電サービスは、電話がよくかかってくる人にとってはありがたいサービスです。

あとは端末保証サービス(350円/月)もあります。

スマホの弱点というか、困るところは落とすと割れやすいということ。

最近は大画面化が進んでいるので、片手で操作しようものなら誰でも冷やっとした経験があるのではないでしょうか。

そういう意味では端末保証というのは心配な人にはありがたいサービスです。

その他、あんしんサポートサービス(500円/月)もあります。

こちらは専用のサポートセンターに電話する事で、スマホの操作方法や設定、アプリの活用法まで専門スタッフがサポートしてくれます。

有料サービスということで、待たされることもなく、スムーズにサポートを受けられるということでスマホが苦手な人にも安心です。

実際にWiMAXを持っている場合のスマホのデータ通信量

私はWiMAXを利用しており、スマホは格安スマホで契約しております。

WiMAXはノートパソコンを繋ぐために契約しているのですが、どうせならということで、スマホを使う時も電源を入れています。

すると、1日のスマホのLTEデータ通信量がなんと1ケタMBになりました。

これはほとんどLTEを使っていないということになります。

ということはこの使い方であれば200Kbpsでも全然問題ないということがわかります。

ちなみに自宅には無線wifiがあるので、自宅では無線wifi、外ではWiMAXでデータ通信することで、元々のスマホのLTEはほぼ使用しなくていいという結果が出たということです。

ということで、WiMAXやポケットwifiを持っている人は楽天モバイルの無制限プランを検討してみる価値はあると思います。

今ならZenfone5でキャッシュバックキャンペーン1年間楽天市場のポイント2倍キャンペーンなど、多様な特典満載なので、気になった人は楽天モバイル公式サイトをご覧ください。


楽天モバイルならスマホの料金が超お得!





このページの先頭へ