よく読まれている記事

NifMo/ニフモ契約の初期費用とdocomo、au、softbank解約で必要な費用



ニフもの初期費用

格安スマホへのMNP乗り換えにかかる費用が気になりますよね

私も格安スマホへ乗り換えるにあたり、初期費用解約の手数料などがやはり気になりました。

費用だけでなく、格安スマホはdocomo、au、softbankのようにショップも無く店員さんもいないわけですから、乗り換えの手間というのはもちろんあります(オンラインや電話でのサポートはあります)。

しかし、それでも格安スマホに乗り換えたのはやはり携帯代が圧倒的に安くなるからです。

手間といってもオンラインで全部完結するので、自宅に居ながらにして乗り換えれるんですけどね。

NifMo/ニフモへMNP乗り換え時にかかる初期費用

NifMo/ニフモへMNP乗り換えをする場合にかかる初期費用は3,000円です。

これは格安スマホ各社横並びと思っていいと思います。(データ通信のみのSIMカードの場合はその限りではありません)

あとは、スマホを一括購入するのであればその費用がかかります。

考えるべきは乗り換え後の前キャリアへの支払いですね。

docomo、au、softbank解約(MNP転出)でかかる費用

docomo、au、softbankからMNP転出(解約)を申し込んだ場合、事務手数料として2,000円かかります。

softbankのみ2015年4月15日以降は3,000円に値上げされます。

それだけだとあまり費用がかからないと思うかもしれませんが、ここからが大手キャリアの罠があります。

まず確認したいのは2年縛りですよね。

docomo、au、softbankは2年を一つの区切りとし、2年に一度「更新月」というのがやってきます。

この「更新月」に解約すれば解約金は0円なんですが、それ以外の月だと9,500円かかります。

24ヶ月の間に0円で解約できるのが1ヶ月しかないというのも変な話ですが。

追記:現在は2ヶ月または、更新月が無いプランもあります。

それと機種変や新規契約から2年以内の場合で、スマホ端末を割賦払い(分割払い)にしている人は、解約時に残りの未払い分を支払わなければなりません。

たいてい割賦払いの場合は端末割引があることが多いので、例えば1年で解約する場合は端末の実費代の半分を一括で支払う必要があります。

  1. MNP転出事務手数料
  2. 更新月以外なら解約金
  3. 端末代割賦払いの残り代金一括

NifMo/ニフモなら継続使用1年で元が取れる

格安スマホの乗り換えに結構お金がかかると思われたかもしれません。

しかし、私は格安スマホにすぐに乗り換えました。

なぜなら、月々で払っていく金額が違いすぎるのですぐに元が取れると思ったからです。

実際にソフトバンクの料金シミュレーションで計算した月額利用料を元にNifMo/ニフモの利用料金と比較してみます。

条件は

  • 思い切ってNifMoでZenfone5を新たに購入
  • 更新月でなかったので解約金9500円発生
  • softbankの端末割賦は支払い終わっている
  • 比較プランはNifMoの2GBプランとsoftbankの小容量2GBプラン

 

NifMo
月額利用料
NifMo
累計
softbank
月額利用料
softbank
累計
zenfone5
端末代
31,110
初期費用 3,000
MNP
事務手数料
2,000
docomo,au
softbank解約金
9,500
利用1ヶ月目 0 45,610 6,500 6,500
利用2ヶ月目 2,300 47,910 6,500 13,000
利用3ヶ月目 2,300 50,210 6,500 19,500
利用4ヶ月目 2,300 52,510 6,500 26,000
利用5ヶ月目 2,300 54,810 6,500 32,500
利用6ヶ月目 2,300 57,110 6,500 39,000
利用7ヶ月目 2,300 59,410 6,500 45,500
利用8ヶ月目 2,300 61,710 6,500 52,000
利用9ヶ月目 2,300 64,010 6,500 58,500
利用10ヶ月目 2,300 66,310 6,500 65,000
利用11ヶ月目 2,300 68,610 6,500 71,500

 

※ただし、softbankは通話し放題込み、NifMoは別途通話した分が実費で必要。

※softbank料金シミュレーションは2015年3月現在のもので新規契約の場合。

これを見ればNifMo/ニフモに乗り換えるのを躊躇すればするほど、損した気分になりませんか。

新たにスマホを購入してもこれだけお得なので、格安スマホにしない手はないです。



このページの先頭へ