よく読まれている記事

NifMo(ニフモ)のスマホHUAWEI P8liteが最高性能すぎる



nifmoのHUAWEI P8lite

NifM0の新しいスマホHUAWEI P8liteは8コアCPUで最強!

格安スマホのNifMoから新しいAndroidスマートフォン「HUAWEI P8lite」が登場しました。

HUAWEIといえば、価格が安くて高性能なスマートフォンを続々と投入している今や世界ではトップクラスのメーカーです。

その最新モデルがHUAWEI P8liteで、いち早く格安スマホのNifMoで購入が可能になっています。

性能は現時点で最高性能である64bit対応の8コアCPUを搭載しており、スマートフォンにこだわりのある人から、そうでないひとまでサクサク使えること間違いなしです。

大きさはiPhone6とiPhone6 Plusの間で持ちやすい、さらに性能は上を行く!

HUAWEI P8liteの特徴は先にも書きましたが、圧倒的な処理スピードを実現している8コアCPUが搭載されていることですが、他にも嬉しい機能が満載なのでご紹介します。

  • 64bit対応8コアCPU搭載
  • 1300万画素の高画素カメラとピントをあとから合わせられる編集機能
  • 大きいけど大きすぎない丁度いい大きさ5インチサイズ

64bit対応8コアCPU搭載

CPUとは簡単に言えばスマートフォンの頭脳に当たります。

それが単純に8個あると考えてください。いろんな作業を同時に行っても処理が滞ることなく処理されるということになります。

ちなみにiPhone6やiPhone6 Plusは2コアです。

でも、だからHUAWEI P8liteの性能はiPhone6の4倍というものではありませんが、何となくすごいというのはお分かりかと思います。

1300万画素の高画素カメラとピントを後で合わせられる編集機能

現時点で1300万画素のカメラというのは一番高性能ということになります。

高精度な写真を撮れるのはいいですよね。

ただ、それでもピントが合っていない写真を撮ってしまうことはたまにあります。

HUAWEI P8liteはそんなお悩みまで解決してくれる新しい機能がついています。

それは写真を撮影したあとでピントをどこに合わせるかを決められる機能です。

この機能があれば、ピンぼけ写真を恐れることは無いですね。

大きいけど大きすぎない丁度いい大きさ5インチサイズ

最近のスマートフォンの主流は大画面化というものがあります。

HUAWEI P8liteももちろん5インチ大画面を採用しているのですが、画面の端をできるだけ狭くすることで、大画面ながら本体の大きさを抑えることに成功しています。

その大きさですが、iPhone6より大きく、iPhone6 Plusより小さいというサイズになっています。

私はiPhone6 Plusを持っていますが、もう少し小さいといいなぁと思うことは多々ありますので、この大きさは絶妙にいいかもしれません。

HUAWEI P8liteについてはHUAWEI公式サイトで確認ができますよ。

NifMoなら分割支払いで端末代金の負担が少なくHUAWEI P8liteが持てる!

NifMoのような格安スマホは、SIMフリーの端末にSIMカードを挿して使うというものです。

スマホ本体は自分で用意するということもできますが、その場合は一括払いになってしまうので、最初の負担が大きくなってしまいます。

せっかく格安スマホで安く運用したいのにそれでは本末転倒ですよね。

NifMoなら端末も一緒に購入できるセットも用意されていて、HUAWEI P8liteなら24ヶ月払いで月々なんと1,297円(税抜)。

例えば月々のデータ通信量3GBプランで契約したとすると、月々の総額は2,697円になります。

スマホ本体も含めてこの価格なら驚愕ですよね。

本体の料金を払い終わった25ヶ月目からは単純に3GB/月の月額使用料だけになるので、月々の支払いは1,600円(税抜)になります。

NifMoは独自にショッピングするほどスマホ料金がお得になるサービスもあるので、気になる人は一度見てはいかがでしょうか。



このページの先頭へ