よく読まれている記事

格安SIM周りで使ってる人がどれくらいいる?実際は・・・



格安SIM周りで使っている人どれくらい

格安SIMの利用率は全体の11.5%という結果に

MMD研究所というところが、2016年3月に格安SIMサービスの利用動向という調査結果を発表しました。

その結果によると格安SIMを利用している人は全体の11.5%ということで、認知の割に少ないということのようです。

確かに10人に1人だと少ないような気もしますが、実際にはもっと少ないでしょうね。

この調査がインターネット調査であるということは、それなりにインターネットの知識がある人が答えていると思います。

私の周りでは格安SIMを使っている人は自分以外に会ったことないですから、まだまだこれからといったところでしょう。

意外にも音声通話プランの利用者が少ない

さらにアンケート結果では「データ通信のみプラン」と「音声通話付きプラン」の利用者の割合が出ていました。

それによるとデータ通信プランが53.3%で、音声通話付きプランが46.7%ということです。

ということは、格安SIMをメインの携帯電話として利用している人はさらに少ないと言えそうですね。

一番利用されている格安SIMサービスは?

アンケートには一番利用されている格安SIMの集計もあります。

  1. OCNモバイルONE 16.4%
  2. 楽天モバイル 15.9%
  3. IIJmio 11.3%
  4. BIGLOBE SIM 7.8%
  5. mineo 6.8%

データ通信プランが多く利用されているということを考えると、SIMカードだけを販売していたOCNモバイルONEが一番というのが納得ですね。

楽天モバイルは後発ながら、テレビCMや楽天市場内での広告などで一気にシェアを伸ばした形ですね。

格安SIMに乗り換えたら毎月の携帯代が2,000円以下に

興味深い結果でしたが、私は2014年11月にsoftbankから格安SIMのIIJmioに乗り換えましたが、そこから携帯代は毎月2,000円を切っています。

softbank時代に比べると、毎月4,500円以上得しています。

格安SIMにして何か不便があったかというと、今まで一度もありません。

通信速度が遅いと言われていますが、そもそもLTEのMAX速度である150Mbpsなんて速度が現実に必要かと言われれば、YOUTUBEの動画を観るのでさえ、その10分の1の速度があれば十分なので必要ありません。

だから遅いといっても十分普通にスマートフォンを利用できます。

朝の通勤時や昼休み、夕方などは多少遅いと実感することもありますが、月4,500円得していると思えば大した問題ではありません。

ということで、まだ格安SIMに乗り換えていない人は早く乗り換えたほうがいいですよ。

乗り換えなくていい人は、毎月2時間以上、音声通話をする人くらいです(格安SIMの通話料金は実費のため)。

>>格安SIM全社比較を見てみる



このページの先頭へ