よく読まれている記事

docomoやau、softbankのiPhone6sのSIMロック解除方法



docomoやau、softbankのSIMロック解除方法

「SIMロック」とは特手の通信会社(docomo、au、softbank)のSIMカード以外使えないように、スマートフォン端末を「ロック」することで、他社への乗り換えをできないようにすることです。

どうしてSIMロックをかけるかというと、docomoやau、softbankは端末を実質0円にするなど、スマートフォンの購入を大幅に値引きするキャンペーンを多く行っていたため、スマートフォン端末を購入してすぐに乗り換えされると不利益になるので、SIMロックで囲い込みをしていました。

しかし、総務省の働きかけで、現在では2015年5月発売以降のスマートフォンに関しては購入から180日が経過したものに関してはSIMロックを解除できるようになっています。

SIMロックを解除するとどうなる?

SIMロックを解除すると他社や格安SIMへ乗り換えられるだけでなく、海外にスマートフォンを持っていった場合に、現地の安いプリペイドSIMカードなどが使えるなど、非常に便利になります。

さらにiPhoneに至っては、世界各国で販売することを前提に作られているので、通信できる周波数が多く、より多くの国や地域で使えるようになります。

iPhoneでSIMロック解除できるのはiPhone 6sとiPhone 6s Plusだけ

現在のiPhoneシリーズで言えば、SIMロック解除ができる機種はiPhone 6sとiPhone 6s Plusの2モデルのみとなります。

>>iPhone 6以前の機種はSIMロック解除しなくてもdocomoかauなら格安SIMに乗り換え可能

各キャリアのSIMロック解除方法は以下です。

docomoのSIMロック解除方法

docomoでiPhone 6SおよびiPhone 6s Plusを購入してから6ヶ月経っていることがまず大前提です。

方法 場所 料金
MY docomo PC・スマホでログインして操作 無料
docomoインフォメーションセンター 電話 3,000円
docomoショップ 対面 3,000円

docomoをすでに解約してしまった場合でも、解約から三ヶ月以内であれば、購入者本人に限りdocomoショップでSIMロック解除の手続きは可能です。

MY docomoで自分でSIMロック解除する場合は、製造番号(IMEI)を入力することがあるので、事前にコピーしておくと便利です。

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」からIMEI(製造番号)を確認できます。

auのSIMロック解除方法

auの場合も、iPhone 6SおよびiPhone 6s Plusを購入してから6ヶ月経っていることがまず大前提です。

方法 場所 料金
auお客さまサポート PC・スマホでログインして操作 無料
auショップ 対面 3,000円

auをすでに解約してしまった場合でも、期間の条件を満たしていれば、(購入者本人でなくても)auショップでSIMロック解除の手続きは可能です。

auお客さまサポートで自分でSIMロック解除する場合は、製造番号(IMEI)を入力することがあるので、事前にコピーしておくと便利です。

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」からIMEI(製造番号)を確認できます。

auはSIMロック解除の可否判定をWEBサイト上で確認することができます。

>>au SIMロック解除の可否判定

softbankのSIMロック解除方法

softbankでiPhone 6SおよびiPhone 6s Plusを購入してから6ヶ月経っていることがまず大前提です。

方法 場所 料金
MY softbank PC・スマホでログインして操作 無料
softbankショップ 対面 3,000円

softbankをすでに解約してしまった場合でも、解約から90日以内であれば、購入者本人に限りsoftbankショップでSIMロック解除の手続きは可能です。

MY docomoで自分でSIMロック解除する場合は、製造番号(IMEI)を入力することがあるので、事前にコピーしておくと便利です。

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」からIMEI(製造番号)を確認できます。



このページの先頭へ