よく読まれている記事

家族全員auで格安スマホに乗り換えならmineo最強



mineoを家族で使おう

家族がauなら全員mineoに乗り換えれば携帯代激安

格安スマホというのは結局ドコモやauのアンテナを使わせてもらっているので通信速度やアンテナ受信範囲の使用感は変わりません。

私も格安SIMに変えてもう一年以上になりますが、何の不自由も感じたことがありませんし、まだドコモやauを利用している人はもったいないとさえ思います。

でもmineoに家族で全員が乗り換えるとなるとSIMロック問題が気になるところ。

もし家族全員がauのスマホを使っているという場合は、格安SIMのmineoと契約すれば月々の携帯料金がかなり安くなると思います。

そしてmineoには家族割りがあるので、家族全員の携帯利用料金から毎月50円×人数分安くなるのです。

しかも家族でデータ通信の容量を分けることができるというシステムもあります。

家族それぞれが使用するデータ通信量はさまざまで、中高生の子供なら動画とか音楽とかでかなり使うだろうし、祖父や祖母などはほとんど使わないかもしれません。

それを家族間でカバーできるmineoは最強というわけです。

まとめると

  • ひとり月額1,310円~2,190円で携帯が使える(最大5GBプラン)
  • 家族割りで家族人数×50円引き(最大5回線)
  • 家族間でデータ容量の引継ぎができる
  • auなら今お使いのスマホがそのまま使える
  • docomoでも今お使いのスマホがそのまま使える
  • iPhoneでもauなら大丈夫(docomoも大丈夫)

↓mineoのホームページに詳しいことがわかりやすくまとまっています↓

通話をたくさんする家族は少し注意しよう

格安SIMの特徴の一つに通話料は使った分だけ払うということがあります。

これは国内通話だと30秒で20円かかることになります。

ということは月に1時間通話する人は2,400円別途通話料が必要になるということです。

1時間くらいならまだいいですが、2時間、3時間と増えると格安SIMの安さの意味が全くなくなります。

したがって、家族間で通話をするときはLINE電話などの無料通話アプリを利用するか、極力メッセージにするかしたほうがいいでしょう。

あと、便利なアプリで「楽天でんわ」というのがあり、これを利用すると30秒10円で通話することができます。

mineoの家族割りの定義

mineoの家族割は住所が同一の家族だけでなく、離れて暮らす家族にも適用されます。

もちろん姓が異なっても大丈夫です。

三親等まで対象となるので、契約者からみて伯父や伯母ならその配偶者まで、甥っ子や姪っ子、曽祖父や曾祖母、ひ孫まで家族割適用範囲となります。

kazokuwari

これなら家族全員というかもう親せき全体でmineoにしちゃうということもできますね。

mineoホームページには簡単料金シミュレーションやリアルタイムチャットでのサポート、乗り換え方のわかりやすい説明など、携帯電話にうとい人でもわかるように表記されているので参考にしてみてください。

家族に携帯に詳しい人がいたらその人に頼むと間違いないと思いますよ。

au端末もドコモ端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】



このページの先頭へ