よく読まれている記事

softbankからmineo(マイネオ)に乗り換え時の注意点



softbankからmineoに乗り換え
mineo(マイネオ)は格安SIMでも珍しく、docomoとauの2種類の回線を利用している格安SIMです。

docomoとauの回線を利用しているということは、現在docomoとauのユーザーであれば、今使っているスマートフォンをそのままmineoに乗り換えても使えるということがメリットになります。

しかしsoftbankから乗り換える場合は、mineoにかかわらず格安SIMに乗り換える場合に注意点があります。

そんなmineoに、softbankからMNP乗り換えする際に公式サイトではわかりにくい注意点やポイントをご紹介します。

softbankで購入したスマートフォンは原則使えない

mineoは先ほども書いたようにdocomoとauの回線を利用しています。

ということはsoftbankで購入したスマートフォンは、SIMロックがかかっているため、他社(この場合はdocomo回線のmineoかau回線のmineo)で使用することはできません

例外的に2015年の5月以降に発売されたもので、6ヶ月以上使用しているスマートフォンであればSIMロック解除できるので、softbankのスマートフォンでもmineoで使用することができます。

>>softbankのSIMロック解除できる端末一覧

SIMロック解除できないスマートフォンしか持っていない場合は、新しくスマートフォンを購入する必要があります。

iPhoneを利用したい場合はAppleストアでSIMフリーのiPhoneを購入する必要があります。

Androidの場合は、家電量販店やメーカーの通販サイトなどで購入します。

mineoでもスマホセットがありますが、取り扱い機種は少ないので、使いたい機種が無ければ別途購入したほうがいいでしょう。

softbankの利用時より通信速度は低下する

格安SIMのデメリットでよく言われるのが通信速度の不安定さです。

softbankやdocomo、auを利用しているときは通信速度のことは気にしなかったと思いますが、格安SIMの宿命として通信速度が遅くなることがあるというのは肝に銘じておかないといけません。

といっても、それは数値上のことなので、実際に操作に支障をきたすことはあまりありません

特に速度が低下するのは、回線が混雑する時間帯で、朝の通勤時間帯や昼休み、夕方の帰宅時間帯です。

要するにみんながスマートフォンでインターネットをするタイミングですね。

その時間帯は場所によっては動画がスムーズに再生されなかったり、WEBサイトの表示がもたつくことがあります。

通話料は電話をかけた分だけ料金を払う

mineoにかかわらず格安SIMは通話料は「かけた分だけ支払う」というシステムです。

softbankの場合は電話をかけようがかけまいが、「かけ放題」に強制加入させられます。

電話をかけない人にとっては負担以外の何物でもないので、格安SIMは電話をかけない人に向いているというわけです。

格安SIMで電話をかけた場合、20円/30秒かかります。(楽天でんわアプリを利用すると10円/30秒にできます)

>>参考:楽天でんわアプリで格安SIMの通話料を半額にできる

電話をかけることがある人は、月に自分がどれくらいの時間電話をかけるか知っておいた方がいいでしょう。

もし、累計3時間以上電話をかけるのであれば、softbankのままのほうがお得になると思います。

携帯用メールアドレスが無くなる

softbankでは携帯用のメールアドレスが使えていました。(~@softbank.ne.jpなど)

格安SIMでは携帯用のメールアドレスが無くなります。

メールはパソコン用のメールアドレスを利用したり、連絡はLINEやfacebookメッセンジャーアプリなどを利用すればいいでしょう。

または、SMS(電話番号で送れるショートメール)は利用できるので、相手の電話番号さえわかっていればメッセージを送ることは可能です。

携帯用メールで連絡を取っていた人には、別の連絡方法をするようにしたほうがいいと思います。

 

mineoの料金プランや乗り換え方法などは公式サイトに詳細に書かれていますのでご覧ください。

>>mineo公式サイトはこちら



このページの先頭へ