よく読まれている記事

docomo、auからmineo(マイネオ)にMNP乗り換え時の注意点



docomoやauからmineoに乗り換え
docomoやauからmineoに乗り換えを検討している人も多くいると思います。

特にmineoはdocomoとauの2回線を利用している珍しい格安SIMなので、docomoやauで使っているスマートフォンをそのまま利用できるのはメリットです。

そこで、docomoやauを今利用していて、mineoに乗り換えを考えている人に、公式サイトでわかりにくいことや注意したいことなどを紹介していきます。

mineoでdocomo、auの回線を選ぶときの注意

mineoに乗り換えるうえで最も注意しなければいけないのが、docomoとauどちらの回線を選択するのかということです。

mineoではプランで「aプラン」と「dプラン」と名称があり、aプランがau回線で、dプランがdocomo回線となっています。

現在docomoの携帯を利用している場合は「dプラン」を選び、現在auの携帯を利用している場合は「aプラン」を選択します。

ただし、これは今使っているスマートフォンをmineoでもそのまま使いたい場合の話なので、新しくSIMフリーのスマホを用意するのであれば、どちらの回線を選んでも大丈夫です。

今使っているスマートフォンがそのまま使えるか確認する

auやdocomoを今利用している人でmineoを検討している人は、今使っているスマホをそのまま使いたいという場合が多いと思います。

その場合でも、念のためmineoの公式サイトで「動作確認済み端末一覧」ぺージで本当に使えるかどうか確認しておきましょう。

iPhoneの場合はOSのバージョンによっては利用できない場合もあるので、事前に確認しておくのが必須です。

>>mineo公式サイトで動作確認済み端末一覧を確認する

スマートフォンを新しく購入する場合

今使っているスマホではなく新しくスマホを購入する場合は、SIMフリー版を購入したほうが良いと思います。

iPhoneの場合はAppleストアでSIMフリー版のiPhoneを購入できます。

Androidの場合は、家電量販店やメーカーの通販サイトなどで購入が可能です。

mineoでも端末セットを購入可能ですが、取り扱い機種は少なめなので、希望のスマホが無い場合は別途購入するほうがいいでしょう。

格安SIMは通信速度が遅くなることもある

mineoを含むすべての格安SIMでは、大手3社よりも通信速度が遅くなる傾向があります。

理論上は高速データ通信なのですが、回線が混雑する時間帯や場所によっては通信速度が遅くなるのが事実です。

といっても数値上で見ると遅くなっているだけで、操作にはあまり支障はありません。

特に遅くなる時間帯があり、朝と昼休みと夕方です。

これは通勤や帰宅時間、昼休みにみんなが同時にスマートフォンを触るという共通点があります。

この時間帯は動画の再生がスムーズでなかったり、WEBサイトの表示が遅く感じることがあります。

通話料金は電話をかけた分だけ支払う

docomoやauと契約している時に携帯代が高くなる要因の一つに「かけ放題」の強制加入というものがあります。

月に2,700円のかけ放題がつくのですが、これは月に3時間以上通話(しかも自分からかけて)しないと元が取れない計算になります。

したがって、電話をかけない人にとっては非常に無駄な料金ということになっていました。

mineoなどの格安SIMは、電話はかけた分だけ支払うことになるので、月に1度も電話をかけなかったら通話料は0円です。

電話をかけた場合は20円/30秒かかるのですが、「楽天でんわ」アプリなどを利用すると半額の10円/30秒にすることもできます。

>>参考:楽天でんわアプリで格安SIMの通話料は半額にできる

格安SIMに乗り換える前に自分が月にどれくらい電話をかけることがあるのか把握しておいた方がいいでしょう。

もし、月に累計3時間以上も通話をする場合はmineoに乗り換えずに、docomoやauのままのほうがお得になるかもしれません。

 

mineoの料金やプラン、乗り換え方の詳細は公式サイトに詳しく掲載されていますので一度ご覧になってみてください。

>>mineoの公式サイトはこちら



このページの先頭へ