よく読まれている記事

格安SIMが超安い理由はセルフサービスだから



格安SIMが安い理由

最近テレビなどでも見かける「楽天モバイル」とか「mineo(マイネオ)」、山PのCMでおなじみの「DMMモバイル」など格安SIMがどんどん出てきています。

格安SIMにするとdocomoやau、softbankを利用している携帯料金を4分の1以下にまで減らすことができます(目安ですが)。

そんな美味しい話があるのかと、なかなか格安SIMに乗り換えない人もいるかもしれませんが、安い理由を知ればなるほど納得、これは乗り換えるしかないと思うかも!?

格安SIMを語る上で一つのキーワードになるのが「セルフサービス」なんです。

格安SIMの情報を得るのもセルフサービス

まず、docomoやau、softbankで携帯を申し込む場合はどうしますか?最寄りの店舗に行きますよね。

すると親切な店員さんが、機種のいいところやプランの解説、使い方や料金の計算まで全部お世話してくれます。

しかし、格安SIMはそうではありません。基本的には店舗はありませんからね。(あったとしても都市部のみ、または家電量販店の一角)

格安SIMを探すのも自分、選ぶのも自分、プランを検討するのも自分、料金を計算するのも自分(サイトで自動計算)、機種を選ぶのも自分、申込するのも自分なのです。

  • 格安SIMを自分で探す → 広告費を削減
  • 格安SIMを自分で検討&申し込み → 人件費の削減

格安SIMの設定もセルフサービス

さて無事にセルフサービスで格安SIMを申し込んだら、自宅にSIMカードが届きます(スマホセットの場合はスマホも届きます)。

そして、SIMカードを自分のスマホ(もしくは購入したスマホ)に自分で挿入します。

なにそれ?と思うかもしれませんが、docomoやau、softbankでもそれは店員さんが全部やってくれていたのです。

SIMカード

こちらがSIMカードなのですが、この中に電話番号の情報が入っており、このSIMカードが入っているスマホがその電話番号で誰の電話なのかを識別しているのです。

同じスマホなのに、電話番号が違ってちゃんと受信ができるのは、このSIMカードのおかげなのです。

そして、このSIMカードをスマホ本体にセルフサービスで挿し込みます。

SIMカードを挿すところ

これは実際に私の携帯ですが、裏のカバーを外してSIMカードを入れます。

そんなのできない!と思うかもしれませんが、安心してください。

誰でもできるように、わかりやすい説明書が入っているので機械オンチの人でもできますし、電話サポートは格安SIMでもやっているので大丈夫です。

通話の時間も自分で管理(セルフサービス)

docomoやau、softbankの携帯であれば「かけ放題」がついていたので、電話を気兼ねなくかけることができていました。

しかし、それは電話をかけようがかけまいが必須でついてくるもので、2,700円/月も取られているんですよ。

2,700円というのは、毎月2時間15分以上電話を自分からかけないと元が取れません。

格安SIMの場合は電話をするかしないかは自分の判断で、かければかけた分だけ料金が発生します。

つまり、セルフサービスで通話時間を管理してくださいということです。

電話を全くかけなかったら0円ですし、3時間かけたら3,600円です(10円/30秒換算)。

電話をほとんどかけないよ~という人は格安SIMにしないと損ですよ。

セルフサービスで選んだ格安SIMの速度は不安定でも文句を言わない

自分で選んだ格安SIMですが、実はdocomoやauの大手の回線を借りているので、実質はdocomoやauと契約していると同じ環境でスマホを使えるということになっています。

借りているから、自分で設備を持たなくていい、つまり設備投資費が必要ないのです。

とはいえ、同じ回線を使っているので、電波の届く範囲も同じですし、LTEの高速データ通信も同じ。

ただ、ちまたで言われているように格安SIMは速度が遅くなる時があります。

それは、みんなが一斉にスマホを触り出す時間帯、朝の出勤時と昼休み、夕方の帰宅時です。

この時間は回線が混雑するのですが、格安SIMは大手の回線を借りているだけなので、docomoやauのユーザーが回線をたくさん利用すると、おのずと格安SIMは優先順位が後回しにされてしまいます。

ということで、混雑する時間帯に限っては通信速度が遅くなることがあります。

とはいえ、WEBサイトの表示が多少遅くなったり、動画がややスムーズでなくなる程度で使えないわけではありません。

それを証拠に格安SIMの利用者の満足度は非常に高いですからね。

>>参考:格安SIMの満足度は73.7%!これは乗り換えるしかない

格安SIMの安い理由が理解できたら乗り換えるしかない

このサイトを運営しているから言うのではないですが、格安SIMに乗り換えない理由は見つかりません。

強いて言えば、格安SIMを選ばない人は「長電話をする人」でしょう。

それ以外の人は格安SIMにしないと毎月4,000円以上損していると断言できます。

セルフサービスは最初は面倒ですが、乗り換えてしまえばあとは何もすることはありません。

自分で情報を集めて、自分に合った格安SIMを見つけてください。



このページの先頭へ