よく読まれている記事

iPhone 6SはSIMロック解除して格安SIMで使える



SIMロック解除でiPhoneを格安SIMで

総務省が携帯電話3社の三つ巴に対して苦言を呈してから、docomoやau、softbankともにSIMロック解除できるようにサービスを改定してきました。

そもそもdocomoやau、softbankで契約購入したスマートフォンには、他社には乗り換えできないように「SIMロック」と言われる制限がかけられています。

その制限を解除するのが「SIMロック解除」で、SIMロック解除すると他社や格安SIMにスマートフォンを買い替えずに乗り換えが可能になります。

docomoやau、softbankの3社は、2015年5月以降に発売されたスマートフォンであれば、原則全機種がSIMロック解除できるようになっています。

ただし、スマートフォンを購入してから180日(6ヶ月)経過しないとSIMロック解除できません。

日本で一番利用されているiPhoneの場合は、iPhone 6S以降の機種しかSIMロック解除の対象にはなっていないので、それ以前のiPhoneの人は別の方法を考える必要があります。

docomoのiPhoneやauのiPhoneならSIMロック解除なしで格安SIM利用可能

格安SIMというのは大前提として、docomoやauの回線を間借りして運営しています。

つまり格安SIMに契約しても、実質的にはdocomoやauの回線を使っているということになります。

これがどういうことを意味するかというと、例えばdocomoのiPhone5を使っている人が、楽天モバイルにMNP乗換えする場合、docomoのiPhone5はSIMロックされているので使えないように思われるのですが、実際には楽天モバイルはdocomoの回線を借りて使っているので、乗り換えてもSIMロックのdocomoのiPhone5は利用できるのです。

ということで、ほとんどの格安SIM業者はdocomoの回線を使っているので、docomoから(docomo回線の)格安SIMに乗り換える場合は、動作確認済みかどうかだけを考えればよく、SIMロックのことは考えなくてもいいのです。

同様にau回線の格安SIMも「mineo(マイネオ)」と「UQモバイル」の2つがあり、こちらはauのSIMロックiPhoneであればそのまま乗り換えることが可能です。(ただし、OSのバージョンやモデルにより使えない場合もあります)

というわけで、docomoかauのiPhoneを使っている人は格安SIMに乗り換えるのは簡単ということになります。

>>格安SIMの回線がdocomoかauかは、全格安SIM比較ページで確認できます。

softbankのiPhoneの人はそのまま乗り換えるのは絶望的なので、そのiPhoneを売って、AppleストアからSIMフリー版のiPhoneを買うことをおすすめします。

>>softbankのiPhone5Sは買取で格安スマホや新機種の足しにしよう



このページの先頭へ