よく読まれている記事

小中学生に持たせるスマホの決定版!G-Phoneの格安SIM



小中学生の格安SIMはG-Phoneのキッズプラン

小学生や中学生の子供にスマホを持たせるかというのは難しい問題ですよね。

ゲームのしすぎ、SNSのしすぎ、有害サイトの閲覧などなど問題はいろいろ考えられます。

しかし、携帯を持っていることで、いざという時に連絡できるなどの安心感が得られますし、周りが持っているのに我が子だけ持っていないというのもちょっと可哀そうということもあるでしょう。

そうなると格安SIMなんて、サポートも充実していないし、子供のためのスマホなんてあるわけないと思って、結局docomoやau、softbankのキッズケータイに落ち着くというのがオチです。

でもG-Phoneは違います。なんと、格安SIMでは珍しい「キッズプラン」で、キッズケータイと同等のフィルタリングがあり、しかもお値段が安いんですよ。

G-Phoneって何?

そうなるとG-Phoneって何?という話になってくるのですが、G-Phoneはmineoや楽天モバイルなどと同じ格安SIMサービスを提供しているところです。

G-Phoneに申し込むとdocomoのエリア網でスマホが、LTEの高速データ通信で利用できます。

>>参考:全然わからない人のための格安SIM、格安スマホ解説

その格安SIMのG-Phoneなんですが、キッズプランというものがありまして、これが子供に持たせるスマホにピッタリのプランなんです。

  • 月額2,280円(税抜)
  • データ通信容量 4GB/月
  • セキュリティ込み
  • フィルタリング込み(アプリ制限、スマホ利用時間制限、有害サイトフィルタ)
  • スマホ端末は分割払いで769円/月~

というプランになっています。

ただし、格安SIMなので、通話料金はかけた分だけ発生してしまうので、家族間ならLINEの無料通話などを利用すると節約できます。

G-Phoneのフィルタリングの特徴

G-Phoneのキッズプランに標準で付いてくるフィルタリングは以下の機能があります。

  • アプリ制限
  • 有害サイトフィルタリング
  • ネット接続利用制限管理
アプリ制限

アプリ制限というのは、アプリをインストールするときに親の許可がないとダウンロードできないようにしたり、インストール済みのアプリでも実行ができないようにロックしたりすることができる機能です。

block

有害サイトフィルタリング

子供に見せたくないサイトを、カテゴリを選択してブロックすることができます。

キーワードやサイトごとなど、細かく設定できるので安心です。

フィルタリング

ネット接続時間制限管理

子供がインターネットに接続できる時間帯を設定することができます。

1日の最大利用時間の設定や、1週間の合計利用時間の設定など細かく設定可能です。

また、子供のインターネットの利用状況も、親がパソコンやスマホで確認できるのでフィルタの精度をどんどん高めることが可能です。

 

ちなみにGPSでの位置情報はチェックできませんが、Android端末の場合は「Androidデバイスマネージャー」や「Googleロケーション履歴」を利用すれば無料でできます。

docomoとauのキッズスマホとの比較

ちなみにdocomoやauが提供しているキッズスマホで比較してみました。

(税抜) G-Phoneキッズプラン docomoキッズスマホ auキッズスマホ
データ容量 4GB 2GB 0.5GB
月額料金 2,280円 6,000円 3,190円(1年目)4,196円(2年目)
スマホ分割費用 769円~ 実質0円 実質0円
合計(スマホセット) 3,050円 6,000円 3,190円(1年目)4,196円(2年目)

※docomoとauはかけ放題がある。G-Phoneはかけ放題なし(通話料はかけた分だけ)

※docomoとauにはGPS位置情報確認機能あり。G-Phoneの場合は別途設定必要(無料)

まず、見るべきはデータ容量ですよね。

auの0.5GBは安いですが、こんな容量じゃ何もできないレベルです。

docomoの2GBはやや多いですが、6,000円は高すぎます。

G-Phoneは端末代は必要なものの、SIMフリーのスマホが余っていればそれを利用できますし、auやdocomoの場合は2年縛り契約で実質0円なので、2年間高い月額利用料を払い続ける必要があります。

というわけで格安SIMがいろいろ出現してきたおかげで、子供用の携帯も安心で安く運用することができるようになっています。



このページの先頭へ