よく読まれている記事

iPhone新機種が出るたび使える!DTI SIMの新プランがスゴイ



iPhone新機種はレンタルなら常に持てる

DTI SIMにiPhoneレンタルオプションが登場

格安SIMの中でも安いプランでお馴染みのDTI SIMが新しく「iPhoneレンタルオプション」というサービスを開始しました。

これは月額利用料金にiPhoneレンタル料金を定額支払うことでiPhoneをレンタルして使えるというものです。

月額は3,600円(税抜)となり、機種はiPhone 6Sの海外のSIMフリー版16GBとなっています。

更に今後もiPhoneの新機種が出るたびに使える機種が増えるようで、1年後の更新月には機種を変更することも可能です。

そうなると毎年新しいiPhoneを月々の定額で持てるということになるので、新しいもの好きの人は嬉しいですね。

iPhoneレンタルオプションの機種

DTI SIMのiPhoneレンタルオプションで使用できるiPhoneは「iPhone 6S 海外SIMフリー版 16GB スペースグレイ」の1種類となります。

海外SIMフリー版ということですが、国内SIMフリー版との違いはシャッター音があるかないかだけです。

海外SIMフリー版のiPhone 6Sはシャッター音がありません。

それ以外の違いはなく、日本語表示もできますから使い勝手は変わりません。

ただ気になるのは容量が16GBしかないので、ゲームアプリなどをたくさん入れたい人や、動画や写真をクラウドサービスと連携して使える人でないと容量が足りなくなる可能性があります

iPhoneレンタルオプションの料金

DTI SIMのiPhoneレンタルオプションの料金は月額3,600円(税抜)となります。

それに音声付きプランの月額料金が必要になります。

プラン 1GB 3GB 5GB 無制限
音声通話付き 1,200円 1,490円 1,920円 2,900円
オプション iPhone 6Sレンタル 3,600円/月
合計金額 4,800円 5,090円 4,520円 6,500円

合計金額を見ると一見高そうに見えますが、iPhone 6Sの本体価格は78,800円(税抜)なので分割払いと思えばそこまで高いものではありませんし、docomoやau、softbankを利用している人であれば、それでも今払っている月額料金より安いと思います。

上記以外の料金で必要なのは、初回の事務手数料が音声付きSIM(3,000円)とiPhoneレンタルオプション(2,000円)の計5,000円です。

また、DTI SIMは5分以内の通話し放題オプションもあるので、通話もしたい人は月額780円で付けることもできます。

iPhoneレンタルオプションの注意事項

iPhoneの最新機種を常に使い続けたいという人には魅力的なレンタルオプションですが、いくつか気をつけておきたいこともあります。

  • 1年契約必須、更新時期は1年後の1ヶ月間のみ
  • 更新時期に新しい機種が出ていれば変更可能(ただし料金が変わる場合あり)
  • 更新時期以外に解約する場合は違約金が必要
  • あくまでレンタルなので、キズや破損は修理代が必要
  • 購入したい場合は更新時期に残金を支払う

レンタルなので液晶画面の保護やケースを付けて使ったほうがいいでしょうね。

DTI SIMのiPhoneレンタルオプションに関しては公式サイトに詳しく掲載されていますのでそちらも御覧ください。

>>DTI SIM公式サイトを見てみる

iPhoneの購入方法による比較

iPhoneを購入する方法としてはdocomoやau、softbankで購入する方法と、AppleストアでSIMフリー版を購入して格安SIMで利用する方法があります。

docomoやauのiPhoneをすでに使っている人は、それぞれの回線を利用している格安SIMに乗り換えるという方法もあります。

docomo、au、softbankでiPhone 6sを持つ

docomo、au、softbankでiPhoneを購入する場合と、DTI SIMのiPhoneレンタルオプションを利用する場合はどちらがお得でしょうか。

docomo、au、softbankは料金がほぼ同じなのでdocomoの料金シミュレーターからの料金を参考にしてみます。

DTI SIM docomo
5GBプラン 1,920円 5,000円
機種代 3,600円 593円
5分かけ放題 (780円) 1,700円
その他 0円 300円
月額合計 5,520円(6,300円) 7,593円

まず、DTI SIMはかけ放題はオプションで付けないこともできるので、そうなるとdocomoより月2,000円も安くなります。

また、docomoは2年契約でiPhone機種を購入ということになりますので、新しいiPhoneが発売されたとしても、2年間は機種代は支払い続けなければいけません。

DTI SIMの場合は、新しいiPhoneが発売された場合、契約更新月に新機種に変更することができます

ただし、DTI SIMの場合はiPhoneの機種やカラーが決まっているので、docomoのようにいろんなiPhoneから選択することはできません

SIMフリーiPhone 6SをAppleで購入して持つ

格安SIMでiPhoneを使いたい場合は、SIMフリー版のiPhoneをAppleストアで購入して利用することも可能です。

iPhoneは高額ですが、Appleでも分割払いが可能なので、それを利用すれば月額で支払うのと変わりません。

ただ、iPhoneの新機種が発売されてそれを使いたい場合は、今の機種を買取に出して新機種を購入する必要があります。

分割払いにしている場合は、残金を支払い続けないといけません。

DTI SIMならiPhoneの新機種が発売されたら、更新月に機種変更が可能なので、常に新しいiPhoneを持つことが可能です(予定)。ただし、選べるモデルやカラーは少ないです。

格安SIMでiPhoneを使う時の問題

iPhoneユーザーが格安SIMに乗り換えたい時に一番問題なのが、今使っているiPhoneが使えるかどうかです。

格安SIMのほとんどの業者はdocomoの回線を使っているので、docomoのiPhoneを使っている人は、ほとんどの格安SIMで手持ちのiPhoneが使用できます。

auのiPhoneを持っている場合は、選択肢は少ないですが、UQmobileかmineoならauの回線を使っている格安SIMなので、手持ちのiPhoneが使えます。

最悪なのがsoftbankのiPhoneを使っている人です。

2016年5月現在、softbankの回線を使っている格安SIM業者はないので、softbankのiPhoneを持っている人が格安SIMに乗り換える場合は止む無く機種変更を迫られます。(ただし、iPhone 6s以降の場合はsimロック解除できる)

格安SIMでの利用 乗り換え先
docomoのiPhone docomoの回線を使っているほとんどの格安SIMで利用可能
auのiPhone UQ mobileまたはmineoならau回線を使っているので利用可能
softbankのiPhone × SIMロックがかかっているので格安SIMで利用不可

常に新しいiPhoneを持っておきたい人はiPhoneレンタルオプションがおすすめ

DTI SIMのiPhoneレンタルサービスは、モデルやカラーの選択肢は少ないものの、常に新しいiPhoneが使えるという意味で非常に魅力的です。

今までiPhoneの新機種が出るたびに購入していた人にとっては、機種を買取したりせずに定額で持てるのでいいのではないでしょうか。

料金や注意事項などは公式サイトに詳しく載っていますので、気になる人はチェックしてみてください。

>>DTI SIM公式サイトを見てみる

DTI SIMプラン



このページの先頭へ