よく読まれている記事

docomoからDTI SIMにMNP乗り換えする時のポイント



docomoかDTI SIMに乗り換えのポイント

格安SIMに新規参入組として注目を集めているDTI SIMですが、現在期間限定の超お得なキャンペーンをやっているので非常におすすめです。

>>3GBプラン半年間無料!10GBプランでも半年間980円/月割引キャンペーンがお得すぎる

そんなお得なDTI SIMにdocomoからMNP乗り換え(電話番号引継ぎ)する際の注意点やポイントをご紹介します。

DTI SIMはスマホが購入できないので自分で準備、または今のスマホを利用

まず、DTI SIMにはスマートフォンを購入するというセットがありません。

つまり申し込むとSIMカードが送られてくるだけなので、それを自分で用意したスマートフォンに挿入して使うということになります。

 

スマートフォンを新たに購入したい場合

機種を新しくしたい場合はSIMフリー版のスマートフォン端末を最初に購入します。

Android端末を購入する場合は、ヨドバシカメラやビッグカメラなどの家電量販店でも購入できますし、Amazonや楽天などでも売っています。

iPhoneを購入する場合は、AppleストアやAppleのオンラインショップでの購入になります。

いずれにせよ、購入前にはDTI SIMの公式サイトで「動作確認済み一覧」をみて、DTI SIMで希望のスマートフォンが使えるかをチェックしておいてください。

 

今使っているスマートフォンをそのまま使う場合

docomoからDTI SIMに乗り換える場合は、基本的には今使っているスマートフォンをそのまま利用することができます。

これはDTI SIMがdocomoの回線を利用しているからです。

その場合でも念のためDTI SIMの公式サイトで「動作確認済み一覧」を確認しておいた方がいいでしょう。

残念ながらau、softbankの人はスマートフォンをSIMロック解除をしないと、DTI SIMにMNP乗り換えしてもスマートフォンをそのまま使うことはできません。

docomoからDTI SIMに乗り換えて変わるのは通信速度

docomoからDTI SIMにMNP乗り換えをした場合に、まず変わるのは通信速度です。

DTI SIMもLTEでdocomoのアンテナ網を利用しているので、理論上は同じ速度が出ることになっていますが、DTI SIMはあくまでdocomoの回線を「使わせてもらっている」ということになるので、同じ回線上で混雑があった場合は、docomoと契約している人が優先になります。

これは格安SIMのどこと契約しても同じなのですが、混雑する時間帯、とくに朝(通勤時)、昼休み、夕方(帰宅時)は回線が混雑するので通信速度は遅くなります

どれくらい遅くなるかというのは場所によって違うのですが、遅くなるところでは動画がスムーズに再生できなかったり、WEBサイトの表示が遅くなったりします。

ただし、これは混雑する時間帯に限ったことなので、それ以外の時間帯ではスムーズな通信ができます。

ポイントとしては、DTI SIMに乗り換えて月4,000円以上節約するか、docomoのままで速度にこだわるかということになります。

DTI SIMに乗り換えると電話はかけた分だけ料金が発生する

docomoと契約していた時には「かけ放題」というものに自動的に加入することになり、国内の通話はどこへかけても定額ということになっていました。

しかし、DTI SIMを含む格安SIMの場合は、通話の基本料金が無い(0円)代わりに、使った分だけ支払うことになっています。

実際には20円/30秒かかり、1時間通話すると2,400円かかります。(「楽天でんわ」などのアプリを利用すると、半額の10円/30秒で電話をかけることができます)

それでも月に3時間以上、自分から電話をかけて通話をするという人はDTI SIMに乗り換えるのは損になる場合があります。

 

というわけで、docomoからは乗り換えやすいDTI SIMですが、6月30日まで半年無料のキャンペーンをやっているので非常におすすめです。

「DTI SIM」を半年間おトクに使える“どっちもおトク!キャンペーン”

DTI SIM 半年間無料キャンペーン



このページの先頭へ