よく読まれている記事

au、softbankからDMMモバイルへMNP乗り換えの注意点



auやsoftbankからDMMモバイルに乗り換え

DMMモバイルは格安SIMのなかでも古くからあるところで、特徴はなんといっても最安値に挑戦する価格の安さです。

そのDMMモバイルの格安SIMに魅力を感じて乗り換えを検討している人もいると思います。

au、softbankユーザーでDMMモバイルにMNP乗り換えを検討している時に、公式サイトではわかりにくいことや書いていないことなど、注意すべきポイントをご紹介します。

au、softbankから購入したスマートフォンはDMMモバイルでは使えない

大前提として、DMMモバイルはdocomoの回線を利用しています。

したがって、au、softbankからDMMモバイルに乗り換える場合は、au、softbankで購入したスマートフォンは利用できません

スマートフォンにはSIMロックがかかっているので、基本的に他社(この場合はdocomoの回線を使っているDMMモバイル)の回線でスマートフォンは使えないというわけです。

ただし、現在はSIMロックのかかったスマートフォンでも、2015年5月以降に発売したもので、使用から6ヶ月以上経過しているものはSIMロック解除することで、他社でも利用できるようになります。

詳しくはauまたはsoftbankのサイトでSIMロック解除できる端末一覧が掲載されているページを見てください。

今使っているスマートフォンは使わずに、新しくスマートフォンを購入する場合は「SIMフリー版」のスマートフォンを購入する必要があります。

iPhoneを使いたい場合は、AppleストアかAppleオンラインストアでSIMフリーのiPhone端末を購入してください。

iPhoneは高額ですが、Appleでも分割払いのサービスがあるので、利用すれば負担は少なくなるでしょう。

Androidのスマートフォンを購入する場合は、家電量販店やメーカーの販売サイトなので購入できます。

また、DMMモバイルでも一部スマートフォンを取り扱っていますので、申し込みと同時に購入することができます。

au、softbankを使っていたころより通信速度は落ちる

au、softbankを使っていた時は通信速度を気にすることはなかったと思います。

しかし、格安SIMでは通信速度は変動しやすくなっています。

というのも格安SIMはdocomoやauの回線を借りて利用しているので、回線が混雑する場合には、docomoやauと直接契約しているユーザーが優遇されます。

具体的に回線が混雑する場合というのは、朝の通勤時間帯や昼休み、夕方の帰宅時間帯など、みんなが一斉にスマートフォンを使う時間ということになります。

その時間帯においては場所にもよりますが、極端に通信速度が遅くなる場合もあり、動画がスムーズに見れなかったり、WEBサイトの表示が遅くなったりします。

しかし、これは上記の時間帯だけで起こるので、それほど気にすることではないでしょう。

実際に私も格安SIMを使っていますが、そこまで遅いとか不便だとか感じたことはありません。

格安SIMは電話はかけた分だけ料金が発生する

au、softbankでは、電話をかけようがかけまいが「かけ放題」プランに強制加入させられます。

これは電話をかけない人にとっては、料金を無駄に払っていることになります。

格安SIMでは電話をかけない人にとってお得な、通話をした分だけ通話料を支払う仕組みになっています。

格安SIMで電話をかけると、20円/30秒の料金が発生します。(「楽天でんわ」アプリなどを使うと10円/30秒に抑えられます)

>>参考:楽天でんわアプリで格安SIMの通話料は半額にできる

月に3時間以上自分から電話をかける場合は、auやsoftbankの「かけ放題」の方が安くなる場合があります。

DMMモバイルに乗り換える前に自分がどれくらい電話をかけるのか考えてみてください。

携帯電話用メールアドレスが無くなる

DMMモバイルに乗り換えると携帯用のメールアドレスが無くなります。

auなら「~@ezweb.ne.jp」、softbankなら「~@softbank.ne.jp」のメールアドレスです。

格安SIMのほとんどは、携帯用メールアドレスがないので、パソコン用のメールアドレスを設定して使います。

または、LINEやfacebookメッセンジャーアプリなどを利用して連絡をします。

もし携帯用のメールアドレスでの連絡を頻繁にしているのであれば、相手には今後LINEやパソコン用メール、またはSMSで連絡する旨を伝えておいた方がいいかもしれません。

 

乗り換えの手順や料金プランなどの詳細はDMMモバイルに丁寧に書いているので参考にしてみてください。

>>DMMモバイルの公式サイトはこちら

DMMmobile



このページの先頭へ