格安SIM比較サークル|自分に合うお得な格安SIMを選ぼう!

格安SIMの選び方

格安SIMと大手キャリアを比較してみよう!

テレビCMでも最近は「楽天モバイル」や「mineo(マイネオ)」など、格安SIMを知る機会が多くなってきました。

総務省が「携帯料金が高い」とdocomoやau、softbankに通達をして、各社新プランを導入しましたが、実際には格安SIMと比較すると安いけど使い物にならないというのが実情です。

現時点で一番安くdocomo、au、softbankのスマートフォンを持つ場合の最安値プランを比較してみました。

docomo au softbank
かけ放題ライト 1,700円 1,700円 1,700円
ネット接続料 300円 300円 300円
データ容量 5GBを3人で6,500円 1GBで2,900円 1GBで2,900円
シェアオプション 500円×2
月額利用料1人あたり 4,500円 4,900円 4,900円

docomoが最安値で月4,500円ですが、これは3人で契約しなければならず、総額は4500円×3人で13,500円となります。

一人で最安値のプランを契約しようとすると、3社とも最低でも4,900円も月にかかってしまうことになります。(なぜ3社横並び?)

しかも、注目すべきは、このプランだと「かけ放題」ではないこと。

プラン名は各社異なりますが、「かけ放題ライト」といって、5分以内の通話がかけ放題という微妙なものです。

そして、データ容量に関してはau、softbankは月に1GB、docomoは5GBを3人でシェアなので、一人あたりは1.7GBです。

ハッキリ言ってデータ通信容量1GB/月なんて、ほとんどスマホを使わない人向けです。動画を観たらすぐ終わりですからね。

>>(関連)データ通信容量1GBはどれくらい?

総務省は一人当たり5,000円以下が望ましいと言ったものの、それは満足に使えてこそのものでしょう。

今docomo、au、softbankのスマートフォンを使っている人は、今この瞬間も高い料金を払い続けていることになります。

例えば、上記の大手3社のプランを格安SIMの楽天モバイルで計算すると以下になります。

楽天モバイル 3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン
5分かけ放題オプション 850円 850円 850円
月額基本料金 1,600円 2,150円 2,960円
合計 2,450円 3,000円 3,810円

まず楽天モバイルには「5分かけ放題」のオプションがあるので、これはdocomo、au、softbankと比較した場合、「かけ放題ライト」と同じですが、その料金だけを比較しても半額です。

そして、データ通信容量を比較しても、使い物にならない1GB/月というのはなく、最低でも3GB/月から。

さらに10GBプランで契約したとしてもdocomoの最安値(1.7GB/月で4,500円)より安くなっています

仮に学生だとして、大手3社の学割適用で「5GB/月」が25歳まで増量されたとしても、比較すれば楽天モバイルのほうが安いのです。

安い代わりにデメリットもある格安SIM

格安SIM比較デメリット

料金だけ比較してみると明らかにdocomoやau、softbankより格安SIMがお得なのがわかります。

しかし、docomo、au、softbankとは異なる部分があるのも事実。

格安SIMが大手3社と比較して異なるポイントは以下になります。

  • データ通信速度が不安定
  • 携帯メールアドレスが無くなる
  • 通話料金がかけた分だけ発生
  • LINEの年齢認証ができない

格安SIMはデータ通信速度が不安定

格安SIMはdocomoやauの回線を借りて運用しています。

>>(関連)全然わからない人のための格安スマホ、格安SIM解説

だから格安SIMも理論上は、docomoやauと同じように高速データ通信LTEで、早いデータ通信ができるとされています。

しかし、実際にはユーザーのインターネット利用(スマホ利用)が多くなる時間帯、朝の通勤通学時や昼休みなどは、docomoやauの正規ユーザーが優遇されるため、回線を借りしている格安SIMのユーザーは大手キャリアユーザーと比較すると、通信速度が遅くなることがあります

これが「格安SIMが不安定」と言われる理由です。

ただ、これは回線が混雑する時間帯や地域(主に都心部)によるもので、その時間帯を除けば快適なデータ通信ができています。

私はIIJmioという格安SIMを利用していますが、昼時には若干遅いと感じるものの、不便ということはありません。

その時間帯による通信速度の遅さを許容する代わりに、毎月の携帯代が4,000円くらい安いということに価値を見出せる人は格安SIMがオススメです。

携帯メールアドレスが無くなる

docomoやau、softbankのスマートフォンや携帯を使っている人は当たり前ですが、メールアドレスが付いています。

「@docomo.ne.jp」とか「@ezweb.ne.jp」といったキャリアメールと呼ばれるものです。

格安SIMになると上記のような携帯専用のメールアドレスが無くなります。

スマートフォンを使っている人は、メールより「LINE」や「facebookメッセンジャー」などのメッセージアプリを使っている人がほとんどだと思いますから、そんなに問題はないでしょう。

困ることと言えば、ガラケーの相手にメールをするときですが、これはSMS(電話番号で送るショートメール)で対応できます(文字数制限はありますが)。

スマートフォンはパソコンで使うメールが使えるので、googleのgmailやYahooメールなどのフリーメールを利用するというのが一般的です。

>>携帯メールが付く格安SIMは「楽天モバイル」

格安SIMは通話料金がかけた分だけ発生

格安SIMの特徴の一つに通話料金の基本料金が無いということがあります。

docomoやau、softbankはスマートフォンを持つ場合、必ず「かけ放題」のような通話基本プランを契約しなければいけません。

これが携帯代が高くなる要因のひとつなのですが、スマートフォンを使う人で、電話をしない人は非常に損になるシステムです。

格安SIMの通話料金は、かけた分だけ発生する仕組みなので、全く電話しない人は通話料0円/月となります。

通常は20円/30秒かかるのですが、「楽天でんわ」アプリなどを利用すると、半額の10円/30秒にすることもできます。

>>(関連)格安スマホは通話料半額の楽天でんわアプリが必須

3時間通話すると3,600円/月かかることになるので、月に3時間以上の長電話をする人は格安SIMは向いていないということになります。

格安SIMで通話を楽しみたい人は、LINEなどのアプリの無料通話機能を使うと、データ通信容量は使いますが、通話自体は無料で利用できます。

また、楽天モバイルには、「5分かけ放題オプション」という、5分以内の国内通話なら何回かけても無料というオプションが別途用意されているので、細かい電話をたくさんする人は楽天モバイルがオススメです。

>>(関連)5分でもかけ放題がありがたい楽天モバイルの新オプション

格安SIMとは少し違いますが、Y!mobileならプランに10分以内の通話が月300回まで無料で付いているので、こちらも通話派には検討の余地があります。

>>(関連)Y!mobileは通話無料&メールアドレス付が格安スマホと違う

LINEの年齢認証ができない

今やスマートフォンユーザーのほとんどが使っていると言ってもいい「LINE」ですが、格安SIMでももちろん利用できます。

ただし、格安SIMでLINEを初めて使うという場合は「年齢認証」ができないので注意が必要です。

LINEの年齢認証というのは18歳未満かどうかを判断して、18歳以上ならユーザー同士のID検索機能が使えるというものです。

ID検索ができないと、相手に電話番号以外でLINEの友達登録をしてもらうのが、QRコードを使ったりと少し面倒になります。

LINEの年齢認証というのは、docomoやau、softbankの年齢認証を利用するので格安SIMではできないというわけです。

ただ、docomoやau、softbankから格安SIMに乗り換える場合で、すでにLINEの年齢認証を終えている場合は、そのデータを引き継ぐことになるので問題ありません

LINEが格安SIMに参入したので、近い将来格安SIMでも年齢認証ができる日が来る可能性はあります。

格安SIM業者を比較して選ぶ

格安SIM業者比較

携帯の使い方や環境によって、最適な格安SIMの選び方は変わってきます。

スマホを普段どのように使っているかを考えて、格安SIM各社を比較して最も自分に合ったものを選ぶといいと思います。


電話をよくかける人の格安SIM比較

通話SIM比較

月に3時間以上は長電話をしてしまう(かける側)

月に3時間以上もの長電話をしてしまう人は、通話料がかけた分だけ支払うことになる格安SIMには向いていません。

ただ、格安SIMとは少し違うY!mobileなら「スーパーだれとでも定額」のオプションを付けると、国内通話がかけ放題になるので、全体の携帯料金は大幅に下げられます。

この「スーパーだれとでも定額」オプションは月額基本料金に1,000円追加でつけられるので非常に安いです。

格安SIMと比較すると、1,000円だったら50分の通話しかできませんからね。

長電話はしないが細かい電話を何回もする

長電話はしないけど、ちょっとした家族への連絡などで短い電話を何回もする人は、通話がお得な格安SIMを選ぶといいでしょう。

Y!mobileなら元々のプランに「10分以内の国内通話が月に300回まで無料」になっているので、短い電話を何回もする人にはぴったりです。

また、楽天モバイルとDTI SIMの場合は「5分かけ放題オプション」というものがあり、月額利用料に月850円(楽天モバイルの場合)の追加で、「5分以内の国内通話が何回でも無料」になります。

5分以内の電話が多い人は楽天モバイルかDTI SIM、10分以内の電話が多い人はY!mobileで決まりです。

>>5分以内のかけ放題オプションがある楽天モバイル

>>5分以内のかけ放題オプションがあるDTI SIM


電話をほとんどかけない人の格安SIM比較

LINEやメールなどの連絡くらいしか使わない

スマートフォンでもLINEやメールなどの連絡くらいにしか使わないという人は、料金の安さを比較して格安SIMを選ぶのがいいかもしれません。

料金はデータ通信容量の大きさで決まるのですが、一般的には3GBプランが一番人気で利用されています。

スマートフォンをほとんど使わないという人は、さらに安い1GBプランというものを選ぶと一番料金が抑えられます。

1GBプランがある格安SIMの料金を比較して、一番安いのはDTI SIMです。

音声通話付きSIMで、1GBプランは最安値の1,200円/月となっています。

ただ、スマートフォンセットのような端末販売がないので、別途スマートフォンを用意する必要があります。

スマートフォンセットを希望する場合は、次に安いDMMモバイル(1GB 1,260円/月)がおすすめです。

>>ほとんどスマホを使わない人に有難い1GB最安値はDTI SIM

>>最新スマホセットも購入できるDMMモバイル

通勤通学時にニュース閲覧、動画視聴をする

ほとんどの人がスマートフォンを通勤通学時や下校帰宅時、昼休みに使うという場合が多いでしょう。

一般的に格安SIMで人気のプランは3GBプラン、5GBプランということになります。

格安SIMのプランは月ごとに変更ができるので、最初は3GBプランにしておいて、足りなさそうなら翌月からは5GBプランに変更する事も可能です。

3GBプランや5GBプランは格安SIMでも一番多いので、どれを選んでいいのか悩むところですが、以下を目安に比較して選んでみてはいかがでしょうか。

>>docomoで今使っているスマホをそのまま使いたいなら安さでDTI SIM

>>auで今使っているスマホをそのまま使いたいならau回線のmineo

>>MNP乗換えついでに機種も欲しい!最安値で選ぶならDMMモバイル

>>MNP乗換えで機種も欲しい!楽天をよく使うなら楽天モバイル

動画も視聴するしテザリングもする

スマートフォンで動画をガンガン視聴するし、テザリングでパソコン利用もするし、というヘビーユーザーは使い放題の無制限プランがいいかもしれません。

LTE高速データ通信で使い放題の格安SIMでおすすめはU-mobileです。

有線放送でおなじみのUSEN系列の格安SIMで、無制限プランは2,980円/月です。

>>無制限プランで高速データ通信が使えるU-mobile

>>無制限プランが増えたDTI SIM


電話番号(090や080)がいらない場合の格安SIM比較

子供やお年寄りに持たせたい

小学生や中学生、またはお年寄りの人に携帯を持たせたいという場合があります。

そういう場合は「扱いやすさ」と「見守り機能」がある格安SIMを比較して選ぶといいでしょう。

TSUTAYA系列の格安SIMのTONEなら、月額1,000円で持てるスマホがあります。

TONEの専用のスマートフォンを使う必要がありますが、そのスマートフォンは親子で使うと、子供の位置情報が見れたり、スマホの利用制限ができたりと「見守り機能」が備わっています

お年寄りにも安心のスマホ初心者向けの設計で、電話サポートなども無料で充実しています。

電話番号はないとはいえ、050のIP電話番号は付属するので通話も可能ですし、親は090番号を持ちたいという場合も月+952円で電話番号の引継ぎ(MNP)も可能です。

>>親子で持ちたい格安SIMはTONE

タブレットや、2台目スマホをデータ通信で使いたい

タブレットを外出先で使いたいとか、機種変更して使わなくなったスマートフォンを子供に持たせたいなど、2台目需要の場合は「データ通信のみ」の格安SIMがお得です。

データ通信のみというのは電話番号が無いタイプで、音声通話付きSIMよりも安くなります。

電話番号が無いといってもそれは090や080の一般的な番号がないだけで、IP電話(050番号)はアプリなどで使うことができるので子供に持たせるといった使い方は可能です。

子供の使い過ぎを防止するなら、一日110MBというOCNモバイルONEのプランなら、使い過ぎを防げるので便利です。

>>1日のデータ容量上限が決まっていて、子供に最適なOCNモバイルONE

>>データSIMで比較して最安値なのはDTI SIM


家族で格安SIMに乗り換えたい場合の格安SIM比較

家族のシェアSIM比較

ライフスタイルの異なる家族で利用したい

家族全員で格安SIMに乗り換えると、家計における通信費用が大幅に削減できます。

家族で格安SIMに乗り換える時のポイントは、家族でデータ通信容量をシェアするということです。

ひとつの契約で複数枚のSIMカードを使えるようにして、データ通信容量を家族で分け合うというものです。

例えば10GBプランを1回線契約して、SIMカードを家族分発行して10GBをシェアするイメージです。

格安SIMによってシェアできる人数が異なるので、家族の人数によってオススメの格安SIMがあります。

>>夫婦で6GBをシェアすればちょうどいいBIGLOBE SIM

>>3人までの利用なら最安値のDMMモバイル

>>10人までシェアできる!4人以上ならお得なIIJmio

 

というわけで、利用シーンによって格安SIMを比較すれば自分にあったものを見つけられると思います。

自分に合った格安SIMを比較して賢く選んで乗り換えれば、もっとお得にスマートフォンを使えますよ。

>>一目で最安値がわかる!格安SIMランキングから比較してみる

>>格安SIM一覧比較から格安SIMを選ぶ

>>データ通信容量プランで格安SIMを比較する



このページの先頭へ